溝端淳平、藤野涼子が明かす“必死エピソード”に大照れ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
(左から)藤野涼子、溝端淳平

 女優の藤野涼子が、15日に都内で行われた主演映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』の初日舞台あいさつに出席。撮影中のエピソードを披露して、溝端淳平を照れさせた。

浅田次郎も絶賛!藤野涼子、溝端淳平らキャスト陣【イベント写真】

 新選組の結成初期に起きた芹澤鴨の暗殺事件の謎を、新選組隊士を愛した3人の女性の視点から描く本作。イベントには、藤野と溝端(土方歳三役)のほか、佐藤隆太(平山五郎役)、塚本高史(芹澤鴨役)、加島幹也監督も出席した。

[PR]

 土方に思いを寄せる芸妓・糸里役で初めての時代劇映画に挑んだ藤野は、「撮影初日に、溝端さんから『何の曲が好き?』と聞かれたので『関ジャニ∞が好きです』と答えたら、『無責任ヒーロー』を一緒に歌ってくれた」と撮影エピソードを披露。溝端は「全然覚えてない。これは“無責任”ですね」と照れ笑いだった。

 さらに、藤野は移動中に「なんで新幹線は、普通の電車みたいにガタゴトしないのか」というマメ知識を溝端から教えてもらったことを明かすと、溝端は「もう必死だったときの話ですね。これは恥ずかしい」と苦笑をもらした。

 佐藤についても、「なかなか涙が流せなかったときに『そんなこと気にしなくていいんだよ、みんな待ってるから』って言ってくださって」とエピソードを紹介した藤野だが、塚本とは話をする機会があまりなかったことを正直に告白。佐藤が「そんなこと言ったらしいよ、おれ」と自慢げに話すと、塚本は「おれも歌ってなかったかな?」と会場を笑わせていた。

 この日は、サプライズゲストで原作者の浅田次郎も登壇。浅田は「土方歳三は、日本映画の中で、一番多くの俳優がキャスティングされた役だと思うんです。あまりに多すぎて、決定版が誰かって言われると見当たらないんだけれども、きっとこの映画がヒットして、これが決定版になるんじゃないか。糸里も原作のセリフを一言一句、余さず大切にしていただいた。(平山と芹澤も)男の色気を感じました。いい映画でした」とキャストたちを称えた。(取材・文/岸田智)

映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』は有楽町スバル座ほか全国順次公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]