エマ・ワトソン「若草物語」キャスト&監督の仲良しショット公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エマやティモシーらキャストとガーウィグ監督が笑顔!(エマ・ワトソン公式Twitterのスクリーンショット)

 女優のエマ・ワトソンが現地時間13日、名作小説「若草物語」を再映画化する『リトル・ウーメン(原題) / Little Women』の撮影現場で撮影された、キャスト及び監督との集合写真を公式Twitterに投稿した。エマをはじめ、共演するティモシー・シャラメシアーシャ・ローナンら全員が、屈託のない笑顔を見せている。

【画像】超ハンサム!『レディ・バード』にも出演したティモシー・シャラメ

 作家ルイザ・メイ・オルコットが1868年に発表した原作小説は、南北戦争を背景に、貧しくも懸命に暮らす四姉妹の人生を描いた作品で、映画・ドラマ・演劇と様々な形で今も語り継がれている。再映画化となる本作は、『レディ・バード』などを手掛けたグレタ・ガーウィグ監督がメガホンを取る。

[PR]

 写真では、エマ、シアーシャ、ティモシーの他に、共演のフローレンス・ピューエリザ・スカンレンとガーウィグ監督の計6人が笑顔を浮かべており、撮影現場の和やかな雰囲気がうかがえる。エマは、本作に登場する四姉妹を誰が演じているのかも明かしており、長女のメグ(エマ)、次女のジョー(シアーシャ)、三女のベス(エリザ)、四女のエイミー(フローレンス)と役名をつづっている。

 本作には、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のローラ・ダーンや、名女優メリル・ストリープもキャストに名を連ねる。豪華キャストの共演とともに、第90回アカデミー賞に5部門ノミネートした『レディ・バード』を手掛けたガーウィグ監督の演出にも注目したい。2019年12月全米公開予定。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]