舞台「仮面ライダー斬月」主演・久保田悠来で上演決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
仮面ライダー斬月が舞台に! 主演の久保田悠来 - (C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

 東映の人気特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武」を原作とする「舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-」が、2019年3月に東京と京都で上演されることが明らかになった。

【画像】今も仲良しな「仮面ライダー鎧武」キャスト

 「仮面ライダー鎧武」は、2013年10月から2014年9月にかけてテレビ放送された「平成仮面ライダーシリーズ」の第15作。舞台は、ドラマに登場した仮面ライダー斬月を主人公とする平成シリーズ初の演劇作品となり、ドラマ版と同じく久保田悠来が同役で主演を務める。

[PR]

 斬月は、テレビシリーズの舞台である沢芽市を再開発した、巨大企業ユグドラシル・コーポレーションのリーダーである呉島貴虎(くれしまたかとら)が変身する、メロンがモチーフの仮面ライダー。大人として、まだ子供である仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰や、弟の仮面ライダー龍玄/呉島光実の前に立ちはだかった。

(C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

 舞台版では、これまでに描かれていない新たなオリジナルストーリーが展開。脚本・演出はテレビシリーズの脚本にも参加した毛利亘宏(少年社中)が担当。シリーズ原案・監修には虚淵玄(ニトロプラス)、脚本協力に鋼屋ジン(ニトロプラス)とオリジナル版のスタッフが揃い、新たな「鎧武外伝」を描き出す。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]