深田恭子、ラブコメ演じる楽しさ語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
深田恭子、やっぱりカワイイ

 女優の深田恭子が8日、主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系、1月15日火曜22時スタート)の完成披露試写会・舞台あいさつに出席し、3人の男性との間で揺れ動く主人公を演じる同作について「ラブコメは演じていて楽しい」と満面の笑みを浮かべていた。本イベントには、深田のほか、永山絢斗横浜流星中村倫也も出席した。

【写真】深田恭子、3人のイケメンとの恋に…!「はじこい」舞台あいさつ

 持田あきによる同名人気コミックを実写ドラマ化した本作。人生なにもかも上手くいかない塾講師のアラサー女子・春見順子を演じている深田は「わたしからすると、順子は物事をしっかり言える格好いい女性に感じる。自分はなかなか物事を言い切れないので……」と自身と演じるキャラクターとの違いを分析していた。

[PR]

 そんな順子との共通点を聞かれた深田は「ちょっとおっちょこちょいなところと、かわいいワンちゃんに話しかけるところかな」と回答。さらに、「キュンキュンするような物語ではありますが、自分の過去と向き合うきっかけになる話でもあります」と今作を紹介し、作品に全力投球することを誓っていた。

左から、中村倫也、横浜流星、深田恭子、永山絢斗

 また、順子との恋愛を繰り広げるイケメン3人の登場人物も見どころの1つ。「出来る男」の品格がある順子の従兄弟・八雲雅志役の永山は「僕はあまりラブコメというジャンルの作品をやったことがなかったので楽しんでいます」と笑顔を見せ、順子と共に東大受験を目指すピンクの髪の不良高校生・匡平役の横浜は「視聴者をストレートにドキドキさせる立ち位置の役柄は初めて」と語り、試行錯誤を重ねながら撮影に挑んでいると明かした。

 順子と雅志と同級生である山下一真役の中村も「僕もあまり少女漫画原作の恋の相手というのは経験がないんです。しかも原作を読んで容姿端麗だったので、腰が引けました」とオファーを受けたときの率直な感想を述べていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]