これはわからない!『ボヘミアン・ラプソディ』あの歌手が別人すぎる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
確かにアダムだ!(画像はアダムのInstagramスクリーンショット)

 歌手のアダム・ランバートが11日、映画『ボヘミアン・ラプソディ』にカメオ出演した自身の姿をSNSで公開した。

【写真】いつものアダム・ランバート

 以前、Access Online のインタビューで「実はちょっと(映画に)出演しているんだ。よく観ないとわからないけどね」と明かしていたアダム。劇中では、クイーン初の米国ツアー中にフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)が婚約者のメアリー(ルーシー・ボーイントン)に電話をかけるシーンで、近くのトイレに入っていくトラック運転手を演じていた。

[PR]

 アダム本人も、アメリカやイギリスでブルーレイ/DVDとデジタル配信リリースが決まったこのタイミングでネタばらし。「Who is he!?(誰だこれ!?)」というコメントと共に、自身のカメオ出演シーンをInstagramやTwitterに投稿した。

 無造作なロン毛でヒゲを蓄え、赤と白のキャップを被ったその姿はいつものアダムとは別人のようで、映画では気がつかなかった人も多いよう。投稿を見た人たちからは「オーマイガー! あなただったの!?」「全然わからなかった!」「もう一回観なければ」など驚きの声が上がっている。

 アダムは人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン8で準優勝。現在はソロアーティストとしての傍ら、「クイーン+アダム・ランバート」として新生クイーンのボーカルを務め、オリジナルメンバーのブライアン・メイロジャー・テイラーと共にツアーを行うなど活動している。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]