結木滉星「自分らしく」俳優道にまい進!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
結木滉星

 俳優の結木滉星が20日、都内で行われた「結木滉星カレンダー 2019.4-2020.3」発売記念握手会&チェキ撮影会に出席し、「自分らしく」をテーマに2019年を過ごすことを誓った。

【写真】結木滉星、笑顔がめっちゃさわやか!

 4月始まりの本カレンダーは、昨年9月に発売したファースト写真集「滉星」の沖縄ロケ未公開シーンと、都内で新たに撮り下ろした写真で構成されたもの。沖縄でのほっこりショットをはじめ、都内で撮影されたものでは大人っぽいクールな一面を見せている。

[PR]

 お気に入りのカットとして12月をあげた結木は「僕の誕生日の月なのですが、普段笑っていることが多いなか、少し大人っぽい感じが気にいっています。都会の車のライトなども活きていて、幻想的な感じも好き」と理由を説明する。さらに「自分でタイトルをつけるなら」と問われると「進化の一冊」と回答。「あまり意識していたわけではないのですが、人前に出る機会が多くなり、周囲からも顔つきが変わったねと言われることがあるので……」と照れ笑いを浮かべていた。

結木滉星

 特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」でパトレン1号/朝加圭一郎役を務める結木。ドラマもいよいよ終盤ということで「残り3話というタイミングで、こうしたイベントを開催できるのは嬉しい」とファンとの交流を楽しみにしていたことを明かし、「ずっとテーマにあったダブルレッドの関係性が、より深く濃く描かれていきます」と見どころを紹介していた。

 さらに、2019年の目標を聞かれた結木は「一年間、正義感あふれる警察の役をやらせてもらい、寂しい気持ちもあるので、また警察を演じたいという気持ちもありますが、真逆の闇を抱えているような役にも興味があります。どんな役でも、結木滉星らしい部分を取り入れたい。自分らしく、僕にしかできないキャラクターを作っていきたい」と抱負を語る。

 また、同イベントの前日に「ルパパト」で共演している伊藤あさひが誕生日を迎えたことに触れ、「このカレンダーをプレゼントしたい」とニヤリ。ダブルレッドとして共に作品を盛り上げた盟友に「助けられた部分はありました。2人いてよかった」と感謝を述べていた。(磯部正和)

「結木滉星カレンダー 2019.4-2020.3」は東京ニュース通信社より発売中 2,500円+税

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]