周囲は心配!?岡本夏美「可愛い」忘れた役づくり!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
美女&イケメン祭り!

 女優の岡本夏美が21日、渋谷にあるクラブ「WOMB」で行われた映画『Back Street Girls -ゴクドルズ-』完成披露イベントに出席した。見た目はアイドルなのに中身は極道という役柄に挑戦した岡本は「“可愛い”を忘れて作品に挑みました」と覚悟を語っていた。

【写真いっぱい】イベントの様子

 本作は、ジャスミン・ギュによる人気コミック「Back Street Girls」を実写映画化したもの。極道を貫いてきた男たちが、組長の思いつきにより、全身整形してアイドルデビューしたところ、人気を博し、極道な自分とアイドルとのはざまに苦悩する姿をコミカルに描く。

[PR]

 岡本のほか白洲迅柾木玲弥花沢将人松田るか坂ノ上茜原桂之介監督が出席した本イベント。岡本は、白洲演じる角刈りの頼れる兄貴・山本健太郎の改造後である、アイドルグループ“ゴクドルズ”の正統派リーダー・アイリの役づくりについて「中身が男性なので、迅くんのタバコやお酒の持ち方、泣き方などをじっくりと観察しました」と語る。撮影が進むにつれてどんどん口が悪くなり、撮影の合間でも足を大きく開いて座っていたようで、周囲から「大丈夫?」と心配されたという。

 そんな“極道”と“アイドル”になり切った岡本に対して白洲は「同じ役をやるにあたって、どんな子なんだろうとドキドキしていましたが、話をしてすぐに安心しました。現場では一番年下でしたが、一番しっかりしていてリーダーシップがある」と絶賛していた。

ライブも!

 また、この日は岡本ら“ゴクドルズ”たちがファン200人の前で「恋して 愛して 養って」などの楽曲を生披露。途中、白洲ら男性陣がダンサーとして登場すると、客席は大熱狂に包まれた。岡本は「2人(松田、坂ノ上)は器用でダンスを覚えるのがはやかったのですが、わたしは振り付けがうまくできずに悔しい思いをしました。でも皆さんに支えられて、なんとかアイドルになれました」と笑顔で撮影を振り返っていた。(磯部正和)

映画『Back Street Girls -ゴクドルズ-』は2月8日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]