岡田准一の“コミカル顔”も!実写『ザ・ファブル』特別映像

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
銃と鳥と岡田准一 - (C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

 週刊ヤングマガジンで連載中の南勝久による人気漫画を岡田准一主演で実写映画化する『ザ・ファブル』(6月21日公開)の本編映像や撮影の様子、岡田のインタビューをおさめたスペシャル映像が公開された。

【動画】『ザ・ファブル』スペシャル映像

 岡田が演じたのは狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称「ファブル」。数種の武術や格闘技のインストラクター資格を持つ岡田はインタビューで「原作が大好きな人もたくさんいらっしゃると思うので、納得してもらいながら、それを超えていく異世界のような熱が伝わるアクションができればいいなと思っています」と力強く語っている。

[PR]

 最強の殺し屋が1年間殺し屋を休業して一般人・佐藤アキラとして生きているという部分と、シリアスな部分のバランスにも『ザ・ファブル』の面白さはある。今回の映像にも海外からのスタッフも招聘(しょうへい)して撮影されたアクションの映像とともに、コミカルな表情や動きをする岡田の姿がおさめられている。

 今作には木村文乃山本美月福士蒼汰柳楽優弥向井理佐藤二朗安田顕佐藤浩市といったメンバーが集結しており、彼らも特別映像に登場している。ファブルのことを伝説の殺し屋と知らずに雇ってしまうデザイン会社の社長・田高田(たこうだ)を演じている佐藤二朗は、印象的なパンチパーマとともに笑いを誘う表情を見せている。メガホンを取ったのは『めんたいぴりり』が全国公開されたばかりの江口カン監督。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]