アン・ハサウェイ、児童文学「魔女がいっぱい」再映画化に出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アン・ハサウェイ - Jamie McCarthy / Getty Images

 映画『レ・ミゼラブル』『オーシャンズ8』などでおなじみの人気女優アン・ハサウェイが、ロバート・ゼメキスの新作『ザ・ウィッチズ(原題) / The Witches』に出演するとDeadlineなどが報じた。

【写真】『レ・ミゼラブル』で激ヤセ&丸刈りになったアン

 本作は、ワーナー・ブラザースのもとロアルド・ダールの児童文学「魔女がいっぱい」を映画化する作品。偶然、魔女たちの集会に迷い込んでネズミにされてしまった7歳の少年が、祖母とともに世界中の魔女たちに戦いを挑んでいくというストーリーだ。

[PR]

 ゼメキス監督はメガホンを取るだけでなく、映画『フライト』『ザ・ウォーク』を手掛けたイメージ・ムヴァーズのジャック・ラプケ、さらにアルフォンソ・キュアロンギレルモ・デル・トロと共に製作も担当する模様。そしてこのたび、ハサウェイの出演が決まり、ヴィオラ・デイヴィスも出演候補に挙がっているようだ。

 ちなみに、同書を基にした1989年の映画『ジム・ヘンソンのウィッチズ』(日本未公開)ではニコラス・ローグが監督し、アンジェリカ・ヒューストンが主演を務めた。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]