佐藤健、新作『サムライマラソン』に自信!新時代の時代劇とアピール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
作品への熱い思いを語った佐藤健

 映画『サムライマラソン』(2月22日公開)の完成披露イベントが21日に六本木ヒルズアリーナにて行われ、主演の佐藤健、共演の小松菜奈森山未來染谷将太青木崇高竹中直人小関裕太木幡竜、メガホンをとったバーナード・ローズ監督が出席した。

【写真】佐藤健、今日もイケメンです(イベントの様子)

 本作は日本史上初めてのマラソン大会といわれる「安政遠足(あんせいとおあし)」を扱った土橋章宏の小説「幕末まらそん侍」を映画化した作品。勝てばどんな望みも叶えられるという夢のような大会のはずが、いつの間にか江戸幕府の陰謀によって藩の存亡をかけた戦いへと変貌していく様が描かれる。『キャンディマン』『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』などのイギリス人監督バーナードがメガホンを取った。

[PR]

 凍える寒さの中、キャスト陣を大きな歓声で迎えたファンに向かって、佐藤は「寒い中、来ていただいて皆さんありがとうございます」と笑顔であいさつ。佐藤が演じたのは、幕府のスパイとして藩に潜入する忍びという裏の顔を持つ侍・唐沢甚内(からさわ・じんない)。オファーを受けた時のことを「いつか海外の作品に出てみたい。海外の方たちと仕事をしたいと思っていたので『ぜひやらせてほしい』と即決でした」と振り返った佐藤は「とても勢いのある映画になっています」と作品を熱くアピールした。

全員かっこいい…

 雪姫役を務めた小松は「お姫様役も初めてで、男装する場面もありました。乗馬も殺陣もやって、作法とかあらゆることに挑戦しました」と苦労を吐露。「いろいろ考えながら日々葛藤していました」と役作りを振り返った。

 「台本を見るな、気にするな。その場で言いたいことがあったら何でもしゃべっていい」と提案し、ファーストテイクを大事にするという独特の撮影方法を行なったというバーナード監督は「今回の作品は今までで一番インスピレーションを受ける作品になりました。多くのことを皆さん(キャスト陣)がもたらしてくれました」とキャスト陣にねぎらいの言葉を送った。

 ずっと練習してきた殺陣のシーンをバッサリ切ったり、“テストなし、いきなり本番”という監督ならではの撮影方法に戸惑いながらも、撮影現場は佐藤らキャストにとって「独特の緊張感の中で、即効性を求められてとても興奮する現場」だったそう。佐藤は最後に「新時代の時代劇が提案できると思います」と明るい笑顔で力強いメッセージを送っていた。(福住佐知子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]