安田顕、妻役多い松下奈緒のボヤキをぶっちゃけ!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
松下奈緒、安田顕

 俳優の安田顕が29日、都内で行われた映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(2月22日公開)完成披露試写会に登壇。冒頭、「寒い中、大きなニュースもある中、足を運んでくださりありがとうございます」とのグループ活動休止というビッグニュースをにおわせる発言で笑いを誘うと、松下のボヤキまで暴露して会場を沸かせた。

【動画】安田顕の“食べたいほどに愛してやまないもの”

 同作は、宮川サトシによる同名エッセイ漫画を原作に、頼りがないが優しい息子・サトシ(安田)が体験した母・明子(倍賞美津子)との最期の日々から葬儀、その後の生活の日々を、母親へのあふれる愛情をちりばめて描いたヒューマンドラマ。

[PR]

 この日は、松下奈緒、倍賞美津子、村上淳石橋蓮司大森立嗣監督も来場。MCから撮影時の思い出を尋ねられるが、約2年前の撮影で、以降もさまざまな作品に出演していることから、あまり記憶にない様子。倍賞は「本当に忘れちゃってる」とぶっちゃけながら、「ただ、作品が温かくて、気持ちよかったことは覚えています」と力を込めた。

 そんな中、サトシの恋人・真里を演じた松下との思い出を問われた安田は、「じゃあ正直に言いますよ」と切り出し、松下を「怖い」と不安がらせつつ、「『わたしはいろんなタイプの旦那の奥さん役を演じているから。いつだっていい奥さんになる準備はできているんだけどな……』という話をされた記憶があります」と暴露。松下といえば、現在放送中のNHKの連続テレビ小説「まんぷく」で、気立てのいい画家の妻・克子役を演じているほか、過去にも「ゲゲゲの女房」では漫画家・水木しげるの妻、「天才バカボン」ではバカボンのママなど、数々の“良妻”を演じている。

 松下は「(そういう話は)したかもしれない」と認めながらも、「でも、そこまでの話だよと言うことです」と現実的に妻になる予定がないことを示唆。そして「確かにいろんなタイプの方の奥さんを光栄なことにやらせてもらっています」としみじみと語った。しかし、その松下でも、同作の「サッサン(サトシ)タイプは初めて」だそうで、「子どもに戻っちゃったようなところが好き」とサトシの魅力に声を弾ませていた。(取材:錦怜那)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]