星野源主演『引っ越し大名!』侍ビジュアル初公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『引っ越し大名!』で“本の虫”の主人公を演じる星野源 - (C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

 土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を星野源主演で映画化する『引っ越し大名!』(8月30日公開)の場面写真が初公開。星野演じる“本の虫”の侍姿が見られる。

【写真】星野源「いだてん」場面写真

 本作は、映画『超高速!参勤交代』シリーズで知られる土橋の、生涯に7回も引っ越しを命じられた実在の大名・松平直矩(なおのり)のエピソードに基づく小説を映画化。星野が演じるのは、人と話すのが苦手で書庫にこもって本ばかり読んでいることから「かたつむり」のあだ名で呼ばれる姫路藩書庫番の片桐春之介。そんな彼が、「本が好きなのだから引っ越しの知識もあるだろう」という理由で、藩まるごと1万人の引っ越しという一大事業の要となる「引っ越し奉行」に任命され、奮闘するさまが描かれる。

[PR]

 場面写真には、大量の本に囲まれた春之介が書物を読みふける姿が。満足げな笑みを浮かべているが、彼の穏やかな日々は唐突に終りを迎えることとなる。前任の引っ越し奉行はあまりの激務が原因で亡くなっていると穏やかでない話もあるが、気弱な春之介がこの大役をやり遂げることができるのか。

 これまで発表されたキャストに、春之介の幼なじみで武芸の達人・鷹村源右衛門役に高橋一生、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭役に高畑充希。監督を、『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』などの犬童一心が務める。

 星野は、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」も話題。外交評論家でジャーナリストの平沢和重(ひらさわ・かずしげ)にふんしており、第1回では流暢な英語スピーチを披露する場面で話題を呼んだ。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]