川口春奈、高橋一生は「優しいお兄さん」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
高橋一生&川口春奈

 俳優の高橋一生川口春奈が30日、東京・六本木にある乃木神社で行われた映画『九月の恋と出会うまで』完成披露イベントに出席。ヒット祈願を行ったほか、初共演を果たした2人がお互いの印象について語った。

【写真】高橋一生&川口春奈、めっちゃ笑顔!

 本作は、「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」の恋愛部門でトップに輝いた松尾由美の小説を実写映画化したもの。小説家志望の進(高橋)とその隣室に越してきた志織(川口)が、ある謎を追いかけるなかで惹(ひ)かれ合う姿を描く。

[PR]

 勝負と縁結びの神様がまつられている乃木神社にて行われた同イベント。高橋と川口は、拝殿内にて「映画を観た人の願いごとが叶うように」という祈願を行った。また、それぞれの願いごとを巨大絵馬に書いて発表。高橋は「出会った人達が、一人でも多く笑っていられますように」、川口は「縁」と書き記した。

高橋一生

 映画では、ダブル主演を務めた高橋と川口。お互いの印象を聞かれると、高橋は「川口さんはすごくチャーミングな方だと思いました。コミカルで、僕が勝手に抱いてしまっていたイメージ像みたいなものが、毎日撮影でご一緒する度にいい意味で崩れていくんですね。とてもすてきな方だなと思いました」と回顧した。

 高橋のコメントに対して川口は「何ですかね、無知なだけだと思います」と照れくさそうに謙遜しつつ、高橋のことを「とにかく優しい印象でした。お会いして仕事をしてみてもそのままの印象で、質問をしたら教えてくれて、優しいお兄さんでいつも相手をしてもらっていました」と笑みを浮かべていた。

[PR]
川口春奈

 作品にちなんでこれまでの人生で一途に思ってきたものを聞かれた際には、仕事について「一途というか、10年前と何も変わってないと思います」(高橋)。「趣味もないので……お仕事に関して(10年間ずっと)やれているのは、そういうことなのかなと思います」(川口)と仕事への愛情を見せていた。(取材・文:中村好伸)

映画『九月の恋と出会うまで』は3月1日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]