岡田准一「白い巨塔」ライバル役に松山ケンイチ!寺尾聰と出演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左から順に、松山ケンイチ、岡田准一、寺尾聰 - (C)テレビ朝日

 岡田准一主演のスペシャルドラマ「白い巨塔」に、俳優の松山ケンイチ寺尾聰が出演することが明らかになった。松山は、岡田ふんする主人公・財前五郎の同期でライバル医師でもある里見脩二(さとみ・しゅうじ)役を担当。寺尾は、財前の師である東貞蔵(あずま・ていぞう)を演じる。

【画像】岡田准一、6月公開映画『ザ・ファブル』で殺し屋に

 1965年に新潮社より刊行された山崎豊子の長編小説「白い巨塔」は、これまで1966年の映画をはじめ、スペシャルドラマ1本、連続ドラマ3本、韓国リメイク版1本と、度々映像化。今回、テレビ朝日開局60周年記念として、2019年に5夜連続のスペシャルドラマとして放送される。

[PR]

 松山が演じる里見は、浪速大学医学部第一内科の准教授であり、出世欲がなく患者を救うことを第一に考える。学内の権力闘争に嫌悪感を抱いており、教授の座を狙う財前とは対照的な人物だ。松山は、自身の役について“医者の良心のようなキャラクター”と分析し、「本作で描かれる大学病院が考えがちな、“医者と患者の上下関係”とは少し抜け出したところから患者を見ている人です」と説明。岡田との共演については、「『岡田さんがこう来るなら、僕もこうしよう』というふうに組み立てられていったので、より対比がある2人になっているのではないかと思います」と振り返る。

 また、寺尾ふんする東は、定年退官を目前に控えた浪速大学医学部第一外科の教授。財前を後継者として考えるも、彼の傲慢すぎる言動に別の候補者を立てることを決意。次第に財前と対峙していくことになる。寺尾は「岡田准一くんと松山ケンイチくんという魅力的な二人が、この『白い巨塔』を描いてくれるということが出演の決め手でした」と告白。岡田とは大河ドラマ「軍師官兵衛」で共演経験があり、“真っ直ぐな俳優さん”と評価。ドラマ前半部分で財前と対峙することになる東を、どのように表現するのか期待が高まる。

[PR]

 プロデューサーの船津浩一は「財前が大学病院でその野望を果たしていく過程において、特に深く関わってくる人物が二人います」と里見と東の名前を挙げつつ、「今回、この重要な役に松山ケンイチさんと寺尾聰さんを迎えられたことは大変な喜びであります」とコメントしている。

 映画『後妻業の女』『のみとり侍』を手掛けた鶴橋康夫とドラマ「BG~身辺警護人~」などを手掛けた常廣丈太が監督に名を連ねるほか、脚本を映画『パッチギ!』『フラガール』などの羽原大介らが担当する。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]