代理母出産をめぐる女性の友情を描いたコメディー、主演女優らが語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
製作兼主演を務めた「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のアリシア・ライナー

 テレビシリーズ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のアリシア・ライナーと「MAD MEN マッドメン」のクリスティナ・ヘンドリックスが、新作『エッグ(原題)/ Egg』について、1月25日(現地時間)、ニューヨークのパーク・アベニュー・スクリーニングで行われた特別試写後のQ&Aで語った。

【写真】監督は女子プロレス界を描いたドラマ「GLOW」でも活躍したマリアンナ

 コンセプチュアル・アーティストのティナ(アリシア)は、黒人のボーイフレンド(ベンガ・アキナベ)と共にブルックリンのアートスタジオで暮らしていた。ある日彼女は、アートスクール時代の友人で、現在は裕福な投資家ドン(デヴィッド・アラン・ブッシェ)と結婚し妊娠中のカレン(クリスティナ)を自宅に招待した際、代理母出産で子供を持つ計画を立てていることを明かしたことから、さまざまな問題が生じていく。女優としても活躍するマリアンナ・パルカがメガホンを取った。

[PR]

 主演兼製作を務めたアリシア。本作の脚本を初めて読んだのは10年も前なのだという。「これまであまりスクリーンでは聞かないような会話が盛り込まれていたことが気に入ったの。自分の頭で思っていても、みんなの前ではなかなか言えないことをストレートに言っている内容が良かったわ。それに親になる立場や人生に関してとても核心をついているとも思ったの。ただ、わたしには『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の出演もあって、長年製作に至らなかったの」

 だが、2年前にその脚本を執筆した脚本家と偶然会えたことで、状況は変わったそうだ。「彼女は、脚本を改稿したことを話してくれたわ。その脚本を今作の出演者でわたしの夫でもあるデヴィッドと共に読んだの。クリスティナとは『ウィメンズ・マーチ』(女性中心に反トランプを掲げた参加者たちのデモ)で出会ったのだけど、素晴らしい女優であると共に、人間的にもとても素晴らしくて、どうせ映画を製作するなら、そんな良い人間関係を築ける人たちと仕事をしたいと思ったのよ」と経緯を明かした。

 パルカ監督については「わたしたちが幸運だったのは、彼女を発見できたことだったわね。彼女はこの脚本をとても気に入ってくれたの。普段の彼女は、自身で脚本を執筆したものを監督してきているのだけど、この脚本を読んで『こんな脚本をずっと待っていたわ。脚本のセリフも変えないわよ』と言ってくれたほど、ほれ込んだみたいなのよ」と語った。

[PR]
妊婦を演じたクリスティナ・ヘンドリックス

 映画内のほとんどのシーンは、ティナの暮らすアートスタジオで撮影されたものだが、その内装が特徴的なことについて「撮影の初日にアートスタジオに入ると、陶器など綿密に選ばれたアーティストの作品が丁寧に置かれていたわ。だから、わたしは撮影のテイクの合間に、セットを歩き回って、そんなアーティストたちの作品を見ていたわ」とクリスティナ。それらの作品は、ほぼ全て女性アーティストによるものだったのだそうだ。

 実生活では経験のない妊婦を演じたことについて、クリスティナは「これまでも母親を演じることは結構あって、母親の価値観や物の見方、さらに感情などを探索してきたの。演じる上では、愛情のある環境を作れているかを念頭に置いていたわ」と語り、撮影では、おなかの中にブランケットを包んだものを入れていたが、温かくて心地いいため、休憩中もずっと付けたままだったと明かした。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]