『メリー・ポピンズ』実写とアニメーションの融合シーン公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
実写とアニメーションの融合! - (C)2019 Disney. All Rights Reserved.

 ディズニーのミュージカル映画『メリー・ポピンズ リターンズ』から、実写とアニメーションを融合させたカラフルでキュートな本編映像が公開された。アニメーションシーンは前作『メリー・ポピンズ』(1964)でもおなじみで、メガホンを取ったロブ・マーシャル監督が「最近ではクラシックな2Dアニメーションはあまり見なくなったが、この作品では前作へオマージュを捧げると共にクラシックな表現方法を呼び戻した」と語るこだわりのシーンだ。

【本編映像】実写とアニメーションの融合シーン

 バンクス家のピンチに、魔法の使える家庭教師メリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が再び姿を現すところから始まる本作。今回公開されたのは、メリー・ポピンズがバンクス家の子供たちを、子供部屋に置かれていたロイヤルドルトンの陶器に描かれた世界に連れ出すシーンだ。手描きアニメーションで背景やキャラクターが描かれたカラフルな世界はノスタルジックでもあり、観ているだけでワクワクしてくる。

[PR]

 マーシャル監督はこの実写とアニメーションの融合シーンを作り上げるため、「クラシックな素晴らしい手描きアニメーションの技術が必要だ」とすでに退職したディズニー・アニメーション・スタジオやピクサーの2Dアニメーターたちを含む70人以上のアニメーター達を集結させた。

 マーシャル監督は「P・L・トラヴァースの原作小説に一番多く出てくるテーマは“大人が童心を忘れてしまっている”ことだ。メリー・ポピンズは日常の中にある身近で小さな楽しみが幸せになるヒントと教えてくれる。だからボウルに描かれる絵の中にも入れるし、ディズニーの国のようなアニメーションのマジカルな大冒険にも行くことができるんだ。僕はメリー・ポピンズのそういう魔法が大好きだし、子供から大人まで皆に伝わればいいなと思っているよ」と本作に込めた思いを明かしている。(編集部・市川遥)

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』は2月1日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]