同性愛者の少年×腐女子!「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」ドラマ化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
金子大地 - (C) NHK

 浅原ナオトによる小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」を俳優の金子大地主演で実写ドラマ化することが決定した。NHK総合で4月20日から「腐女子、うっかりゲイに告る。」というタイトルで放送される。

【写真】主人公のパートナー役・谷原章介

 本作は、同性愛者であることをひた隠しに生きる18歳の高校生・純と、腐女子の同級生・三浦さんによる純粋でねじくれた青春ストーリー。主人公・純を金子、三浦さんを藤野涼子が演じる。また、純のパートナー・マコト役を谷原章介が務める。

[PR]

 「異性を愛し、子どもを作って、家庭を築く」という普通の幸せへの強い憧れも持っている純は、ある日書店でBL本を購入する三浦さんと遭遇。そこから2人は急接近し、純は同性愛者であることを隠して三浦さんと付き合い始める。

藤野涼子 - (C) NHK

 「『普通の幸せ』を手に入れられるかも」と三浦さんとの交際に純は希望を見出すが2人の関係は一筋縄ではいかず、2人で行った温泉でマコトと鉢合わせするなどのハプニングも発生する。また、2人の存在は葛藤を抱えるクラスメイトや周囲の大人たちの心を波立たせていく。純が愛聴する音楽としてロックバンドQUEENの名曲が劇中で使用されている。(編集部・梅山富美子)

よるドラ「腐女子、うっかりゲイに告る。」は4月20日よる11時30分から11時59分にNHK総合にて放送(全8回を予定)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]