岡田准一「白い巨塔」主演で、魔物のいる役を楽しんだ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「白い巨塔」について語った岡田准一

 ドラマ「白い巨塔」(テレビ朝日開局60周年記念・5夜連続ドラマスペシャル)に主演する岡田准一が、テレビ朝日本社で行われた囲み取材会見に出席し、山崎豊子原作の名作医療ドラマで主人公・財前五郎を演じ切った思いを明かした。岡田は、ダークヒーローでもある財前について「魔物のいる役。でもいい人を演じるより、だんぜん楽しかった」と振り返った。

白衣姿の岡田准一【写真】

 権力争いが渦巻く名門大学病院を舞台に、「教授」の椅子をめぐって野心を燃やす財前五郎の栄光と挫折を描く物語。1965、69年の原作刊行後、これまで度々映像化され、田宮二郎村上弘明唐沢寿明らが主演してきた。今回は時代を2019年に設定し、目覚ましい進歩と変化を遂げた現代の医学界もフォローする。

[PR]

 会見で岡田は、まず「久しぶりに長いドラマをやらせてもらい、台本がドサっと来て大河ドラマを思い出しました」と笑いながら、「(本作は)精一杯、駆け足で生き切る男の人生を見せられる作品だからこそ、現場でドラマの醍醐味や面白さを体験させてもらいました」と充実感を口にした。

 自身の役柄については「仲間や友人を敵にしても権力をつかもうとする財前は、自信と傲慢が紙一重。彼が登りつめていく前半はすごく楽しく演じられましたが、追い込まれていく後半は財前と同じく僕の精神状態もちょっと不安定になったりして、田宮さんや唐沢さん、歴代の方も、演じるのは大変だっだろうなと感じた」と大役に挑んだ苦労を語った。

 共演には、財前と同期でライバルの内科医・里見脩二役で松山ケンイチ、財前が師と仰ぐ第一外科教授・東貞蔵役で寺尾聰らが出演する。出世欲がなく患者を第一に考える里見は、財前とは対極のキャラクターだ。

 岡田は「僕は、こうやった方がいいというものがはっきりある役。松山さんは、岡田くんがこうくるなら、自分はこうしますというのを考えてくれてる感じがあって、松山さんが(2人の関係を)調整してくれた」と松山との共演を分析。寺尾についても「落ち着いて手術をする東さんがいるなら、自分の手術シーンはもっとテンポを上げて、例えば手術を終えた後、手術用のグローブをポイっと飛ばしたり、グイグイ攻めていく生っぽい現場の空気感を出そう」としたという。

[PR]

 「時代にそぐわないくらい熱くて若いエネルギーとしての財前が(自分に)求められたのかもしれない」と振り返った岡田。「作品の最後のシーンでは、スタッフも感情移入してくれて、みんなが見守ってくれている感じになった」「ドラマ界の伝説的な存在である鶴橋(康夫)監督とこの作品で出会えて、ずっと愛情をもって接していただいた」こともうれしかったと満足そうだった。(取材・文:岸田智)

スペシャルドラマ「白い巨塔」はテレビ朝日系にて5月22日21時より5夜連続放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]