細田守監督『未来のミライ』米アニー賞受賞!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
第46回アニー賞で長編インディペンデント作品賞を受賞した細田守監督

 細田守監督のアニメーション映画『未来のミライ』が、第46回アニー賞で長編インディペンデント作品賞を受賞した。授賞式は日本時間の3日、ロサンゼルスで行われた。

【動画】細田守監督『未来のミライ』インタビュー動画

 アニー賞は、アニメ界のアカデミー賞といわれる賞。長編インディペンデント作品賞は、アメリカでの上映館数が1,000館未満の作品、もしくはASIFA(国際アニメーションフィルム協会)が公認している世界4大アニメーション映画祭での作品賞受賞作を対象とした部門。第46回では同部門に、日本から西見祥示郎監督の『ムタフカズ』もノミネートされていた。

[PR]

 『未来のミライ』は、4歳の男の子くんちゃんと、未来からやってきたという妹との不思議な出会いを描く物語。声優陣に上白石萌歌黒木華星野源麻生久美子役所広司福山雅治らが集結した。第91回アカデミー賞では、長編アニメーション映画部門でスタジオジブリ作品以外で初のノミネート入りの快挙を成し遂げ、受賞が期待されている。

 同作は脚本賞にもノミネートされていたが同部門では受賞ならず『スパイダーマン:スパイダーバース』が受賞した。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]