キスマイ北山は「やたらポジティブ」多部未華子が称賛

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
そのポジティブさが魅力!

 Kis-My-Ft2北山宏光が15日、都内で行われた映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』初日舞台あいさつに登壇し、多部未華子から「やたらポジティブ」と、その人柄を称賛された。この日は、平澤宏々路、金時(猫)、筧昌也監督も来場した。

キスマイ北山が猫を抱っこ【ほか写真】

 板羽皆のコミックを実写化し、交通事故で急死した漫画家の高畑寿々男(北山)が、猫の姿で現世に戻り、娘(平澤)と妻(多部)のために人生をやり直そうとするさまを描く本作。“猫スーツ”に身を包み、トラ猫に成り切る北山の姿が話題になっている。

[PR]

 映画初出演にして主演を務める北山は、「待ちに待った初日です。やっと皆様に観せられてうれしく思います」と笑顔。「口だけかもしれないですけれど、ヒロミさんが観てくださるって(言ってくださった)」と報告すると、「Hey! Say! JUMP の薮(宏太)から『一緒に観に行こう』と誘われました」とも。そして、「どこかでお会いするかもしれません」と観客に呼びかけると、多部は「どこの映画館に観に行かれる予定ですか?」と質問。「遭遇したいでしょ?」とファンを思いやる多部からさらなる追及を受けると、北山は「東京だな!」と大まかな場所を伝え、会場の笑いを誘った。

 そんな北山の人柄を尋ねられた多部は、「すごい人ですよ。現場で一番盛り上げてくれたし、誰もピリピリすることなく、楽しい空気を作ることができるのは人柄だと思う」と称賛。さらに、「やたらポジティブ。信じられないくらい」と目を丸くしつつ、「結構いじくり回してもめげない。本気でいろいろやっても『またまたぁ』ってなっちゃうので、すごいなぁと(スタッフと)話していました」と回顧した。

 また、撮影現場では毎回ファッションチェックをしていたそうで、多部は「これ、寿々男の服?」と聞いたら北山の私服だったことを紹介し、「いつも不思議な……ステキなお召し物を着ていました」と、この日も“いじり”。北山はそういう“いじり”を「冗談なのかなと思っていました」と明かすと、「いいんですよ。ダメ夫役なんで。尻に敷かれるくらいがちょうどいいんですよ」と寛大な心を見せていた。(取材:錦怜那)

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]