BIGBANG・SOLの実兄、少女時代・スヨンとの共演に「幸せ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
日韓合作『デッドエンドの思い出』に出演したドン・ヒョンベ

 韓国発の人気グループBIGBANGのメンバーSOLテヤン)の兄で俳優のドン・ヒョンベが16日、新宿武蔵野館で行われた映画『デッドエンドの思い出』初日舞台あいさつに、チェ・ヒョンヨン監督と共に登壇し、撮影の思い出などを振り返った。

【写真】初日むかえ笑顔!イベントの様子

 本作は、よしもとばななの同名小説を、日韓合作で映画化。韓国のガールズグループ・少女時代チェ・スヨン演じるユミが、婚約者に会うためにやってきた名古屋でさまざまなことを経験しながら成長していく姿を描く。

[PR]

 ヒョンベは、ユミの大学の同級生ジンソンを演じているが、ヒョンヨン監督は「ジンソンは原作にない役だったので、ある意味で一番重要なキャラクター」と語ると「ジンソンの持つ温かさを理解して演じていただけました」と感謝を述べる。ヒョンベも、事務所にあった本作の脚本を偶然読み「あまりにも面白く、ぜひともジンソンをやりたいと思ったんです」と相思相愛だったことを明かす。

 ヒョンベにとって日本で舞台あいさつを行うのは人生初ということで「とても新鮮な気持ちです」と笑顔を見せると「今回主演したスヨンさんは、わたしのなかでスター。俳優としてのスヨンさんに出会い、一緒に演技できたことは幸せでした」と撮影を振り返った。スヨンが名古屋で出会う古民家カフェのオーナーを演じた田中俊介BOYS AND MEN)についても「撮影現場ではとても良いエネルギーをわたしにくれました。撮影は短かったですが、長い間友達でいるような関係性が築けたと思います」と感謝していた。

ドン・ヒョンベとチェ・ヒョンヨン監督

 「大切な映画に出会えたから、この場に立つことができました」と感慨深い表情を浮かべたヒョンベは「この映画を多くの人に広めてほしいです」と力強く作品をアピールしていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]