櫻井孝宏『えいがのおそ松さん』はツボを押さえた話!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
公開まで約1か月! - (C) 赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

 人気テレビアニメ「おそ松さん」の完全新作となる劇場版『えいがのおそ松さん』(3月15日公開)の完成披露舞台あいさつが15日に都内で開催され、長男・おそ松役の声優・櫻井孝宏が出席、作品について語った。

【動画】イベントの様子『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

 本作は赤塚不二夫さんの名作ギャグ漫画「おそ松くん」が原作となっている作品。大人になってもダメダメで憎めない6つ子たちが、18歳の自分たちに出会うという展開が映画では繰り広げられる。

[PR]

 主題歌を担当した Dream Ami とともに登壇した櫻井は映画化決定を聞き、脚本を読んだ時の感想について「どういうお話になるのかなと思いました。この作品は、なんでもアリな作品ですので」と振り返る。そして「僕としては、感動あり、笑いありの王道映画のような作品になればいいなと思っていましたが、まさに、そのツボを押さえたお話になっておりいいな! と思いました」と続けた。

 また、今回のストーリーに絡めて「18歳の自分に会ったら、何と声をかける?」と聞かれた櫻井は「18歳で声優になろうと決めたんです。当時の自分にあったら『頑張りな、なんとかなるから』と伝えてあげたいです」と語っていた。この日のイベントには松原秀(脚本)、藤田陽一監督、MC の岩井勇気ハライチ)も参加していた。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]