玉木宏、ハゲタカ外伝「スパイラル」ドラマ化で主演!日本屈指の事業再生家に

玉木宏「ハゲタカ」シリーズでも活躍した企業再生家・芝野健夫を演じる

 玉木宏が、作家・真山仁のベストセラー「ハゲタカ」シリーズの外伝作品をテレビ東京が実写化する、4月期スタートのドラマ「スパイラル~町工場の奇跡~」(毎週月曜夜10時~)で、同局の連続ドラマ初主演を務めることが明らかになった。

 原作の「ハゲタカ4.5 スパイラル」は、作者の真山自身が「ハゲタカの常識を破ることを目的にした」と自負する、中小企業の再生をテーマにした外伝作品。銀行員から転身した一人の企業再生家が、巨大ファンド“ハゲタカ”に立ち向かいながら、創業者の急逝で倒産危機に陥った下町の町工場(まちこうば)を立て直す姿が描かれる。

 玉木が演じるのは、エリート銀行員から経営難に陥った企業の再生を手掛ける企業再生家に転身した主人公・芝野健夫。ビジネスに関しては冷静で用心深い一方、ロマンチストで涙もろく「人を弾く仕事ではなく、人を救う仕事がしたい」という信念を持ったキャラクターで、テレビ東京の田辺勇人プロデューサーは「熱い信念と優しさを持ち、町工場の危機を救うために笑いながら、泣きながら日々奮闘する企業再生家」と説明。

[PR]

 し烈な企業闘争のなかにあって、人間味を失わないあふれる役どころに、玉木は「信念を心に持ちながら……また人に寄り添える人だと思うので、優しさも持ち合わせながら、この役を生きられたらいいなと思います」と意気込みを告白。「このドラマは家族、町工場など、地に足が着いた人たちの“これから”をしっかりと見届けられる作品になっていくと思います」と自負する。

原作の「ハゲタカ4.5 スパイラル」

 また原作者の真山は「日本屈指と言われる事業再生家の芝野健夫が、大手の再生よりもはるかに難易度の高い中小企業の買収・再生と葛藤する姿は、これからますます日本中で起きる“現実”となります。そんな作品がドラマ化されるのは、驚きであり、感動でもありました」とドラマ化を喜びながら「登場人物すべてが当事者となる企業の生き残り劇に、ハッピーエンドはあるのか。今から、ドラマが楽しみでなりません」と期待を寄せる。

 テレ東が昨年からスタートした新ドラマ枠「ドラマ Biz」第5弾となり、脚本は、映画『フラガール』やNHK連続ドラマ小説「マッサン」などを手掛ける羽原大介が担当。監督は、井坂聡松田礼人棚澤孝義が担当する。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]