妻夫木聡、竹内結子、石原さとみら『決算!忠臣蔵』追加キャスト14名発表!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
豪華キャスト! - (C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

 堤真一が主演を務める映画『決算!忠臣蔵』(2019年冬公開)の追加キャストが発表され、濱田岳妻夫木聡荒川良々竹内結子石原さとみらの出演が明らかになった。

【動画】中村義洋監督作『殿、利息でござる』(2016)

 東大教授・山本博文の著書「『忠臣蔵』の決算書」を原作とする本作は、忠臣蔵の主人公として知られる大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)が実際に残した決算書を基に、討入り計画の実像を記した作品。堤が主人公の筆頭家老・大石内蔵助を、岡村隆史が彼を支える勘定方・矢頭長助(やとう・ちょうすけ)を演じる。

[PR]

 今回発表されたのは、本作のメガホンを取った中村義洋監督の作品に出演経験があるキャスト14名。吉良邸の情報を手に入れる大高源五(おおたか・げんご)役を濱田、討入りの作戦を立てる菅谷半之丞(すがや・はんのじょう)役を妻夫木、討入り推進派の剣豪・堀部安兵衛(ほりべ・やすべえ)役を荒川、内蔵助の妻・りく役を竹内、内匠頭の妻・瑤泉院(ようぜんいん)役を石原が務める。

 中村監督とは、7度目のタッグとなる濱田は「今回また中村監督率いる中村組の仲間に入れていただけたこと、そしてまた堤真一さん演じるご家老の元で再び働けたこと、本当に楽しく幸せな時間でした」と振り返り、妻夫木は「中村監督にまた呼んでいただいたことがとにかく嬉しいです。中村組のキャストのみなさんは常に職人揃い。その中で自分はどうあるのか、いつも試されます」とコメントを寄せている。

 さらに、西村まさ彦(内蔵助の副将・吉田忠左衛門)、寺脇康文(大目付・間瀬久太夫)、上島竜兵(元赤穂藩藩士・早川惣介)、堀部圭亮(討入りを応援するそば屋の主人・長次)、山口良一(広島藩の浅野家本家の用人・井上団右衛門)、鈴木福(内蔵助の息子・大石主税)、千葉雄大(内匠頭の切腹の介錯人・磯田武太夫)、滝藤賢一(大垣藩藩主・戸田采女正)、笹野高史(瑤泉院付の用人で内蔵助とのパイプ役になる落合与左衛門)が出演する。

 そのほか、衣装に身を包んだキャストのビジュアルも公開された。個性豊かな赤穂浪士たちと、それを取り巻く人々の姿を見ることができる。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]