松岡茉優、一歩を踏み出す緊張克服法を伝授!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
松岡茉優流の緊張克服方法とは?

 女優の松岡茉優が18日、アクアシティお台場で行われたアニメーション映画『バースデー・ワンダーランド』ジャパンプレミアに登壇し、松岡流の緊張克服方法を伝授した。この日は松岡のほか、市村正親東山奈央原恵一監督も出席した。

【写真】松岡茉優の衣装が一瞬でカラフルに!

 本作は『クレヨンしんちゃん』シリーズなどの原監督が描く新作アニメーション映画。柏葉幸子の「地下室からのふしぎな旅」を原作に、ひょんなことから異世界に足を踏み入れてしまった少女アカネ(松岡)が、謎の錬金術師ヒポクラテス(市村)や叔母のチィ(杏)らと共に、世界を救う旅に出る姿を描く。

[PR]

 松岡と原監督は実写映画『はじまりのみち』でタッグを組んだ経験がある。そのときは「言葉少なげだった」と撮影を振り返った松岡だったが、今作では声の演技だったため「一行ずつ丁寧にご指導いただき、安心して臨むことができました」と原監督のおかげでアニメ映画初主演という大役をまっとうできたことに感謝。

 松岡が演じたアカネは、自分に自信がなく「できっこない」が口癖の消極的な女の子。そんな子が一歩を踏み出すためにどうしたらいいか問われた松岡は「緊張すると心臓がドキドキバクバクしてしまうと思うのですが、そんなときわたしは、緊張ではなく興奮と考えるようにしています。そうすると重荷がパワーに変わるんです」と伝授した。

 また、失ってしまった“宝物”を見つける大冒険に出る作品にちなみ「失くしてしまった宝物」についてトークするコーナーも開催。杏は「キューバで親から成人式の祝いにもらった万年筆を失くしてしまった」と告白。実は、そのことを両親には話していないという杏は「この報道が出て親は知ると思います」と苦笑い。続けて「来月わたしは誕生日なので『新しいものをくれてもいいよ』という意味も含まれています」と茶目っ気たっぷりに語っていた。

 最後に見どころを聞かれた松岡は「アフレコしているときから泣けて泣けてしょうがなかったシーンがあります」と告白。上映前の舞台あいさつだったため「あまりネタバレしたくないのですが」と前置きしつつも「映像ができあがり、そこに音楽が加わることで、ものすごい密度で迫ってくるシーンがあります。潔くてさわやかで素晴らしい」と期待を煽っていた。(磯部正和)

映画『バースデー・ワンダーランド』は4月26日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]