男子高生の繊細な友情関係を描いた注目作、監督&キャストが語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『ジャイアント・リトル・ワンズ(原題)』より - Giant Little Ones

 男子高校生の繊細な友情を描いた注目の映画『ジャイアント・リトル・ワンズ(原題)/ Giant Little Ones』について、2月28日(現地時間)、ニューヨークのAOLのイベントで、俳優のジョシュ・ウィギンズカイル・マクラクランダレン・マン、そして監督・脚本のキース・ベアマンが語った。

【写真】ゲイをカミングアウトした父親を演じたカイル

 高校の水泳部に属し、女子からも人気の二人フランキー(ジョシュ)とバラス(ダレン)は、小さい頃から友人として共に日々を過ごしてきたが、フランキーの17歳の誕生日の夜に起きた出来事の後、二人の関係がギクシャクし始めていく。彼らは友人や家族を通してお互いの関係を修復しようとするが、さまざまな困難が待ち受けていた。フランキーの母親をマリア・ベロが、父親をカイルが演じ、テレビシリーズ「ザ・ステイジャーズ(原題)/ The Stagers」のベアマン監督がメガホンを取った。

[PR]

 本作のコンセプトが生まれたきっかけを、ベアマン監督は「しばらく人里離れた場所で暮らし、瞑想(めいそう)にふけっていた時期を終えた頃、ある夢を見たんだ。それは、若者がキッチンで母親と話す姿だったんだけど、そのインスピレーションをもとに、いろいろなアイデアを徐々にノートに書き始めていくと、やがて、そこにあるものが映画であることが明確になり、さらにそれを人に伝える必要があると思ったんだ」と語り、数か月かけてこの脚本を書いたことを明かした。

 そうして書かれたキースの脚本は(高校生としての)真実味がとてもあったと語るジョシュ。演じたフランキーについては「フランキーは、ある夜に起きた出来事によって戸惑いを覚えるが、一度心の落ち着きを取り戻すと、彼の周りにいる人たちの話を聞き入れて、それが彼の自己形成をするきっかけになっていくんだ。その中には、ゲイとしてカミングアウトして母親と離婚した父親もいて、とても興味深い観点を(脚本内で)与えているんだ」と感情だけで行動しない、冷静な性格の主人公であることを説明した。

 そのフランキーと対立することになるバラスは、悪役的存在ではあるが、観客も共感を持てる人物でもある。演じたダレンはキャラクターを「劇中のコンビニエンスストアでの出来事で、フランキーとバラスは危機的な関係に陥るんだ。おそらく、そのシーンで単にバラスとフランキーが殴り合いのけんかをしていただけなら、それほど重要なシーンにはならなかったと思う。バラスにとってフランキーは一番大切な人であると同時に、彼は周りの人にどう見られているかを気にしてしまう。自分の中で葛藤しているんだ」と分析。さまざまな要素のバランスを図って演じるのが難しかったと明かした。

[PR]
映画『ジャイアント・リトル・ワンズ(原題)』より - Giant Little Ones

 フランキーのゲイの父親を演じたカイルは、自分自身の父親としての体験が今作にも大きな影響を及ぼしているという。「キースの脚本とジョシュの演技、そして僕の実体験がうまく共鳴して、映画として成り立っているんじゃないかな。彼はポジティブで、励みになるメッセージを優しい言葉で息子に残すんだ。彼の息子にとっては、とてもデリケートな時期だけど、父親は独自のやり方で息子をサポートしているよ」と語り、こういったキャラクターをもっと映画で観ていきたいとそのキャラクターに太鼓判を押した。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]