「大奥」に浅野ゆう子、北村一輝、谷原章介ら!シリーズ出演経験者が集結

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
レジェンドたちが出演

 木村文乃が主演を務めるフジテレビ開局60周年特別企画「大奥 最終章」(3月25日放送)の追加キャストが発表され、「大奥」シリーズに出演経験のある浅野ゆう子北村一輝谷原章介葛山信吾が出演することが明らかになった。

【写真】北村一輝のド派手な「大奥 最終章」ビジュアル!

 「最終章」と銘打った「大奥」シリーズの完結作となる本作は、“暴れん坊将軍”としても知られる第8代将軍・徳川吉宗の時代を舞台に、吉宗を陰ながら支え続けた側室の久免(くめ)の半生が描かれていく。吉宗役を大沢たかお、久免役を木村が務める。

[PR]

 浅野が演じるのは、第6代将軍・徳川家宣の正妻・天英院(鈴木保奈美)の叔母である万里小路良子(までのこうじ・よしこ)。万里小路は、吉宗の政策などに関して天英院に嫌みを言う役どころだ。「大奥」シリーズに数多く出演してきた浅野は「わたしのわがままではあるのですが、『大奥』では奥女中以外、演じたくないとお願いしてきました。今回は公家役ということで少し残念ではありましたが、わたしとしては『大奥』はオリンピックのように参加することに意義があると考えていますので(笑)。お声をかけていただきありがたく思います」とコメントを寄せている。

 北村は、尾張藩主の徳川宗春(とくがわ・むねはる)役を務める。宗春はかぶき者(派手な装束を身につけ、常識を逸脱した行動を取る者)で、緊縮政策の吉宗とは真逆の解放政策をとり、吉宗をしのぐほどの人気者。「大奥」(2003)で第13代将軍・徳川家定を演じ、ほかのシリーズにも出演している北村は「大奥」シリーズについて「林(徹)監督をはじめ、スタッフの方々がいつも変わらず、家やふるさとに帰ってきたという感覚ですね」と語る。

 「大奥 ~華の乱~」(2005)で第5代将軍・徳川綱吉役を担い、スペシャルドラマや映画にも出演したことのある谷原が演じるのは、月光院の側用人・間部詮房(まなべ・あきふさ)。月光院からさまざまな面で頼りとされる人物だ。さらに、「大奥」(2003)で第14代将軍・徳川家茂を演じた葛山は、「大岡越前」の通称で有名な大岡忠相(おおおか・ただすけ)役を務める。大岡は、吉宗からの信頼が厚く、側近として彼に助言をするという。

 また、映画『大奥』で浪人・谷口新八を演じた竹中直人が吉宗の側近・加納久通(かのう・ひさみち)、同じく「大奥」シリーズ出演経験者である木下ほうかが第6代将軍・徳川家宣として出演する。(編集部・梅山富美子)

フジテレビ開局60周年特別企画「大奥 最終章」は3月25日よる20時~22時54分に放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]