おジャ魔女どれみ・20周年記念『魔女見習いをさがして』2020年公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『魔女見習いをさがして』ティザーポスタービジュアル - (C)東映・東映アニメーション

 人気アニメ「おジャ魔女どれみ」の20周年を記念して、同作のオリジナルスタッフが集結する新作映画『魔女見習いをさがして』が制作中であることが、23日に有明・東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan 2019」内で発表された。この日は、シリーズオリジナルキャストである、千葉千恵巳(春風どれみ役)、秋谷智子(藤原はづき役)、松岡由貴(妹尾あいこ役)、宍戸留美(瀬川おんぷ役)、宮原永海(飛鳥ももこ役)、そして東映アニメーションの関弘美プロデューサーも出席した。

【動画】『魔女見習いをさがして』特報

 「おジャ魔女どれみ」は、1999年2月からテレビ朝日系列で放送された女児向け人気アニメ。この日、関プロデューサーから、その20周年を記念する映画が制作中であることが明かされると、会場に集まった「おジャ魔女」ファンは大歓声。監督に佐藤順一鎌谷悠、脚本に栗山緑、キャラクターデザイン・総作画監督に馬越嘉彦、作画監督に中村章子といった面々が参加することも明かされた。

[PR]

 ポスタービジュアルには、大きな月を背景に、ほうきに乗って空を飛ぶ、魔女見習いとおぼしき女の子たちのシルエットが。そこに描かれている女の子たちは全部で9人。千葉が「(魔女見習いが)いっぱいいる!」と驚くと、関プロデューサーは「どうしてでしょう。間違いなく(今日の登壇者の)皆さんも出てきますよ」と意味深な笑みを浮かべた。

 さらに「昔の『おジャ魔女どれみ』のテレビアニメは3歳から8歳くらいまでの女の子をターゲットにしていました。当時見ていた人たちも、上は26歳から27歳くらい。(第4期の)『おジャ魔女どれみドッカ~ン!』でも18、19歳くらいかな。大人になった皆さんに、もう一度『どれみ』の世界をお届けできたらなと思って作りました。オリジナルのメンバー、スタッフも忙しい人たちですが、集まってくれて。ただいま鋭意制作中です」と明かした。

 それ以上、物語の詳細は明らかにはされなかったが「いろいろな物語のパターンを考えて。1年かけて作りました」という関プロデューサー。「ワクワクするような要素を込めています。働き方改革を守って、ホワイトな会社らしい作り方をしています」と会場の期待をあおった。

「おジャ魔女どれみ」20周年記念イラスト(C)東映・東映アニメーション

 またこの日の会場では、二頭身のおジャ魔女たちを描く短編フラッシュアニメ全26話が東映アニメーション公式YouTubeチャンネルで配信されることも明らかに。さらに、福岡・北海道で20周年イベントが開催されるほか、LINEスタンプ第2弾発売、ライトノベル最新刊「おジャ魔女どれみ 20's」の発売、「おジャ魔女どれみ♯(しゃーぷっ)」のブルーレイボックス化など数々のプロジェクトが発表され、会場は大いに盛り上がった。(取材・文:壬生智裕)

映画『魔女見習いをさがして』は2020年公開予定

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]