「ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」映画化!坂口健太郎&吉田鋼太郎がW主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』ポスタービジュアル - (C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 (C)マイディー/スクウェア・エニックス

 累計アクセス数1,000万超えの人気ブログを基にした映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』が、坂口健太郎吉田鋼太郎のW主演で6月21日より全国公開される。24日に幕張メッセで開催されたファイナルファンタジーXIVのファンイベント「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2019 in TOKYO」内の制作発表会で明らかになった。

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』特報映像

 原作は、息子であることを隠して父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづったゲームプレイブログ「一撃確殺SS日記」の人気連載。書籍化や2017年のドラマ化を経て、このたびスクウェア・エニックスの全面協力のもと映画化されることが決定した。現在撮影中で、6月21日に封切られる。

[PR]

 2017年のドラマ版では故・大杉漣さんと千葉雄大が親子役を務めたが、映画では坂口が息子の岩本アキオ、吉田が父親の岩本暁を演じることに。公開された特報映像では、ずっとすれ違ってきた父の本音を知るために、ファイナルファンタジーXIVの世界で正体を隠して共に冒険に出るアキオの「光のお父さん計画」が、ゲームの壮大な映像とともに映し出される。

 さらに、アキオの会社の同僚役で佐久間由衣、アキオの妹役で山本舞香、アキオの会社の先輩役で佐藤隆太、アキオの母親役で財前直見が出演することも発表された。ゲームパートのキャラクターに声を吹き込むのは、声優の南條愛乃寿美菜子悠木碧。ドラマ版に引き続き、野口照夫監督(実写パート)、山本清史監督(ゲームパート)、吹原幸太(脚本)の三人がタッグを組む。(編集部・吉田唯)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]