福山雅治、緒形拳さんビンタの思い出 平成最後の「日曜劇場」主演で振り返る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「集団左遷!!」主演で感慨深い表情を見せた福山雅治

 歌手・俳優の福山雅治が31日、東京・赤城神社で行われた日曜劇場「集団左遷!!」制作発表会見に出席し、自身初となる「日曜劇場」主演に対する思いや、TBSドラマの思い出を明かした。

【写真】福山雅治・香川照之・神木隆之介が会見出席!

 初の日曜劇場主演ということで、かなりの意気込みで現場に入ったという福山だが「僕以上にスタッフや他のキャストの熱量がすごく、今日の会見もすでに打ち上げのような雰囲気。オンエア前なのにこれほど盛り上がっている空気感は初めて」と驚きを見せる。

[PR]

 本作は、作家・江波戸哲夫の「新装版 銀行支店長」「集団左遷」を原作にしたサラリーマン下克上物語。「銀行」という巨大組織を相手に、ごく普通のサラリーマンがリストラ候補の仲間たちと力を合わせて組織の理不尽さに立ち向かう姿をユーモラスかつエネルギッシュに描く。福山は大手メガバンクの銀行員で、廃店が決まった蒲田支店でリストラ寸前のダメ社員たちと対峙する片岡洋を演じる。

 この日は福山のほか、香川照之神木隆之介中村アン井之脇海高橋和也迫田孝也増田修一朗谷口翔太橋本真実市村正親酒向芳八木亜希子尾美としのり三上博史も出席。

 香川は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」以来、9年ぶりに福山と共演。「大河ドラマのなかでも特殊な撮り方をした作品で、一生分の付き合いをしたぐらい濃厚な現場でした。そこでの共演があったので、最初からいいチームワークでできた」と福山に同調する。一方の三上は、福山と敵対する役どころとあって「現場ではなるべく口をきかないようにしているんです」と語るも、香川たちから「またー!」と突っ込まれ、一同で盛り上がっていることをバラされていた。
 
 さらに福山は、初共演となった三上に対して「ミステリアスで怖い存在の役柄。三上さんにピッタリで、現場でも怖い方なんだろうと思った」と対面前の印象を明かすと「でも実際に共演するとフランクに話をしてくれました」と笑顔。それでも「でもまだビビってるんですけれどね、大先輩なので」と続け会場を笑わせていた。
 
 “平成最後の日曜劇場”とも言われている本作。福山はTBSドラマ「愛はどうだ」(1992年放送)で共演した故・緒形拳さんとのエピソードを述懐。「まだドラマ2作目で芝居の経験がほとんどないなか、緒形さんには台本にないところでビンタをされたり、ゴルフのパターで殴られたり……でも、そうやってなにもできない僕とのシーンを成立させるようにいろいろ考えてくださった」と懐かしそうに語ると「大変でしたが芝居の楽しさを教えてくださった現場でした。それが平成の始まり、そして平成最後の作品でまた(撮影地となる)緑山スタジオに行くことに、なにかの縁を感じます」としみじみと語っていた。(磯部正和)

日曜劇場「集団左遷!!」は4月21日よる9時スタート

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]