松坂桃李、再撮影の『居眠り磐音』無事公開に感謝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
松坂桃李

 俳優の松坂桃李が4日、都内で行われた映画『居眠り磐音』プレミアイベントに来場し、当初はピエール瀧出演で撮影が進められていた本作が、再撮影を経て無事に公開されることについて感謝の思いを伝えた。

松坂桃李、木村文乃、芳根京子、杉野遥亮ら登場!【写真】

 佐伯泰英の同名人気小説をもとに、普段は礼節を重んじる優しい人柄の主人公・磐音(松坂)が悪に立ち向かうさまを描く本作。先日、瀧の出演箇所を撮り直し、差し替えることで、当初の予定通り5月17日に全国公開すると発表されていた。そのため、この日は本編の試写会を行うことは叶わず、代わりに10分間の特別映像が上映されることに。イベントには、松坂とともに木村文乃芳根京子柄本佑杉野遥亮西村まさ彦中村梅雀柄本明本木克英監督、そして原作者の佐伯も来場した。

[PR]

 ステージに立った主演の松坂は「今回、本編をお届けできないなか、こんなにも集まっていただいてありがとうございます。みなさんの応援と支えのおかげで無事に公開できます」と感謝を口にすると、会場からは温かい拍手が送られた。

 本木監督も「思わぬことでみなさまにご心配をおかけすることになりましたが、再撮影の目処も立ち、何とかアップグレードするべく撮影と仕上げを頑張りたいと思います。(代役の)奥田瑛二さんに感謝を述べるとともに、何人もの俳優さんが『自分で良ければやる』と言ってくれたことを、この場で感謝したいと思います」と思いを口にした。

 また、5月17日公開の本作は、元号が“令和”に変わって初の時代劇作品となる。松坂は「演じているときは新元号一発目の時代劇だとは考えていなかったですが」と笑いつつ「僕の中では、武士たるもの、強いイメージがありましたが、磐音は普段は肩の力が抜けていて、まわりに流されやすい。正義を貫くときは武士になるのですが、そのギャップが自分の持っていた武士のイメージと違いましたね」と語った。

 登壇した原作者の佐伯は「松坂さんは切ないほどに強く優しい主人公に、新鮮な演技で挑戦してくれた。製作がとん挫しかけましたが、奥田瑛二氏が快く引き受けてくれたのは前進の一歩でしょう。みんな和気あいあいとしているスタッフ・キャストです。この難関を乗り越えて、完成へと導いていく姿を見て、きっといい作品になると確信しています。私は今回の製作委員会の勇気ある決断、スタッフの再挑戦を全面的に支持する者です。この考えを行動で示そうと思い、このプレミアイベントに参加することとしました」と力強くコメントした。

[PR]

 そして佐伯から入場者プレゼントとして本作のエピソード0を執筆したことが明かされた。佐伯は京都で松坂の芝居を見学したときのことに触れて「僕は半年くらい前にスペインで、闘牛まわりの取材をしていて、その時の体験をなんとなく重ね合わせてしまって」とコメント。「闘牛士の話なんですか?」と驚く松坂に、佐伯は「うつつというか夢というか……。まあ、読んでみて」と期待をあおった。

 最後に松坂は「今日はみなさんに集まっていただいたおかげで開催することができました。映画はたくさんの方の応援によって成り立っているんだなと実感しています」と改めて観客に感謝の思いを述べた。(取材・文:壬生智裕)

映画『居眠り磐音』は5月17日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]