ディズニー実写版『ダンボ』が初登場1位!

全米ボックスオフィス考

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『ダンボ』が首位デビュー - (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

 先週末3月29日~3月31日の全米ボックスオフィスランキングが発表され、ディズニー実写版『ダンボ』が興行収入4,599万748ドル(約51億円)で初登場1位に輝いた。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

【動画】来日した『ダンボ』ティム・バートン監督&コリン・ファレル

 監督ティム・バートン×主演コリン・ファレルでディズニーの名作アニメーションを実写化した同作。5,000万ドル(約55億円)超えというスタジオの予想は若干下回ったが、首位デビューは死守した。ディズニー実写化作品のオープニング興収としては、『プーと大人になった僕』(興収2,458万5,139ドル・約27億円)、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(興収2,685万8,726ドル・約30億円)などと比べると上々だが、『シンデレラ』(興収6,787万7,361ドル・約75億円)のようなヒットとはならなかった。

[PR]

 ジョーダン・ピール監督のホラー『アス(原題) / Us』とマーベル映画『キャプテン・マーベル』は依然として好調で、前回からそれぞれワンランクダウンの2位と3位。ちなみに『キャプテン・マーベル』の累計興収は3億5,397万79ドル(約389億円)となり、マーベル・シネマティック・ユニバース作品の歴代興収ランキングでは2017年の『スパイダーマン:ホームカミング』を抜いて8位にランクインしている。

 4位には、実話を基に、人工妊娠中絶手術を行う非営利組織に務めていた女性が、中絶に反対する活動家になるまでを描いたドラマ『アンプランド(原題) / Unplanned』が予想を上回る興収638万2,298ドル(約7億ドル)を上げて初登場。2008年ムンバイ同時多発テロを題材にした『ホテル・ムンバイ(原題) / Hotel Mumbai』は拡大公開となり、39位から8位に。マシュー・マコノヒー主演コメディー『ザ・ビーチ・バム(原題)/ The Beach Bum』は苦戦気味で10位デビューだった。

 今週末は、DC映画『シャザム!』や、スティーヴン・キング原作ホラー『ペット・セマタリー(原題) / Pet Sematary』などが公開される。(編集部・市川遥)

[PR]

3月29日~3月31日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(初)『ダンボ』
2(1)『アス(原題) / Us』
3(2)『キャプテン・マーベル』
4(初)『アンプランド(原題) / Unplanned』
5(4)『ファイブ・フィート・アパート(原題) / Five Feet Apart』
6(3)『ワンダー・パーク(原題) / Wonder Park』
7(5)『ハウ・トゥ・トレイン・ユア・ドラゴン:ザ・ヒドゥン・ワールド(原題) / How to Train Your Dragon: The Hidden World』
8(39)『ホテル・ムンバイ(原題) / Hotel Mumbai』
9(6)『タイラー・ペリーズ・ア・マデア・ファミリー・フューネラル(原題)/ Tyler Perry's A Madea Family Funeral』
10(初)『ザ・ビーチ・バム(原題)/ The Beach Bum』

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]