松坂桃李「パーフェクトワールド」主題歌は菅田将暉!米津玄師プロデュース

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「パーフェクトワールド」の松坂桃李と山本美月

 歌手としても活躍する俳優・菅田将暉の新曲「まちがいさがし」が、松坂桃李主演のテレビドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の主題歌に決定した。

【画像】7年前の松坂桃李と菅田将暉!『王様とボク』

 「パーフェクトワールド」は、20歳の時に事故で脊髄を損傷し車椅子生活を送る建築士・鮎川樹(松坂桃李)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し心を通わせるさまを描いたラブストーリー。主題歌「まちがいさがし」は、米津玄師が作詞・作曲・プロデュースを手掛けた楽曲で、ドラマを手掛ける河西秀幸プロデューサーのオファーを受けていた菅田の提案で主題歌に決定。4月16日放送の第1話内で初めて音源が公開される。

[PR]

 松坂と菅田は、映画『キセキ -あの日のソビト-』(2017)、『王様とボク』(2012)やCMで共演。「まず松坂桃李さんは、同業者の中で、常に、間近で、背中を見ていた人です」という菅田は「気づけば10年近くなりますでしょうか? 今では会えば家族のような挨拶をし、離れれば先輩後輩として作品のみで触れ合う。そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う。しかも米津玄師が作ってくれる。正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。ちょっと吐きそうでした」とプレッシャーを明かす。

 同時に「こんな贅沢なことはないと胸躍る自分が間違いなくいました」とも。そのうえで「当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます」と意気込みを語っている。

「パーフェクトワールド」の主題歌を歌う菅田将暉

 一方の松坂は、「初めて聴いた時、歌声から菅田の作品への想いがビシビシと伝わってきました」と盟友の歌を絶賛。「米津さんの書かれた歌詞に樹の心情とリンクする言葉が多く、ドラマの世界観からそのまま曲が流れていくことを容易に想像できるくらいピッタリだと思いました。お互い、同じ時期にデビューをした菅田とこういう形で作品作りに関わるということに不思議な縁、巡り合わせを感じます。10年前には全く想像しなかった出来事です。この楽曲を聴きながら、ワンシーンずつを大切に撮影に臨んでいきたいと思います」と感謝のコメントを寄せている。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]