本郷奏多の成キョウに『キングダム』大好き芸人・吉村崇も興奮!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
本郷奏多、色気すごい…!

 俳優の本郷奏多が8日、都内で行われた映画『キングダム』公開直前イベント試写会に登壇。この日、特別MCとして登場したキングダム大好き芸人の吉村崇平成ノブシコブシ)から、本郷が演じた成キョウの悪役ぶりを絶賛されていた。イベントには山崎賢人吉沢亮橋本環奈も出席した。

【写真】「様づけ」したくなる俳優、第1位!? 本郷奏多かっこいい…

 本作は、全世界で累計発行部数3,800万部を超える原泰久の大人気コミックを『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介監督が実写映画化。中国春秋戦国時代を舞台に、戦災孤児の信(山崎)が若き王・エイ政(吉沢)と出会い、ともに戦っていく姿を描く。本郷はエイ政の異母弟で「我こそが正当な王位継承者だ」というプライドのもと、反乱を起こす成キョウを演じている。

[PR]

 成キョウのビジュアルが公開されたときから、その完成度の高さが話題になった本郷。吉村は興奮しながら「本当に悪い奴なんですよ! 大嫌いなんですよ」と憎々しく本郷を見つめるが「でもそれぐらい仕上げてきた。素晴らしい」と演技を絶賛する。

 そんな本郷は、山崎や吉沢演じる信やエイ政とは完全に敵対する役で、共演シーンもあまりなかったため、中国ロケの思い出を聞かれてもやや寂しそうな表情を見せる。「僕は王室でふんぞり返って威張っている役だったので思い出はないんです」と自虐的に話す。

 司会者がそこをなんとかと思い出を聞くと本郷は「一つありました」と切り出し、「中国ロケのお弁当です。3つにセパレートしていたお弁当の3分の1ぐらいに謎の豆がしき詰められていたんです。この豆はなんだろうと考えながらお弁当を食べたことを鮮明に覚えていますね」と本郷ならではのまさかのエピソードを披露して会場をざわつかせた。

特別MCとして参加したキングダム大好き芸人の吉村崇

 劇中、まさに「悪」という役どころを担った本郷。原作者の原から「敵役がしまっていないと、作品自体の出来にかかわる。原作の成キョウは口汚いだけの悪役ですが、本郷くんが演じると華があるし色気がある」とコメントが寄せられると、本郷は「いやー嬉しいです」と満足顔。吉村も「本当に椅子の座り方、生意気だわー。見ている人の(イラつく)感情を上げてくれる。それだけ素晴らしかった。色気もある」と語っていた。(山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記)(磯部正和)

映画『キングダム』は4月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]