加藤諒、ドラマ初主演に感激!アルバイト面接10連敗の過去も

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
加藤諒と小芝風花

 俳優の加藤諒が11日、都内で行われたドラマ「恋と就活のダンパ」の試写会に登壇し、元号が変わる前にドラマ初主演を果たしたことに感慨をにじませた。

なんか可愛い…加藤諒&小芝風花がダンスポーズ!【写真】

 本作は「おっさんずラブ」などを手掛けた徳尾浩司によるオリジナル脚本で、学生たちの恋と就活の七転八倒を優しくコミカルに描く青春ドラマ。加藤は人付き合いが苦手で、就職面接では全戦全敗という主人公・菅猛(すが・たける)を演じる。この日は、共演者の小芝風花も姿を見せた。

[PR]

 加藤は「僕がドラマの主演なんて夢にも思っていなかったので、平成のうちにやらせていただけて本当によかった」と感激しきり。「今までお付き合いしたことがないし、アルバイトの面接を10社受けて10社落ちているところが似ていると思います」と役との共通性も明かした。また、加藤自身は就活経験がないことから「就活生のドキュメンタリー(番組)を観たり、漫画喫茶、地元のサッカーチームの会場までの道案内、某バンドのライブ会場設営など、アルバイトの面接に落ち続けたときのことを思い返したりしました」と役づくりをしたそう。

 また、大学の入学試験のことも振り返って「志望動機を面接練習で考えたマニュアル通りに喋ったときに『それはあなたの言葉ではないから、もう一回やり直し』と言われて、入室からやり直しさせられました」と驚きのエピソードを披露した。

 猛と同じく就活に励む高槻愛海(たかつき・まなみ)を演じる小芝は「年上の方とご一緒させていただく機会が多いので、同年代の方と和気あいあいと撮影をする現場は新鮮で楽しかったです」とニッコリ。いつも明るい笑顔を振りまいている小芝だが、「昔から周りの目を気にして、自分の言動をどう見ているんだろうという恐怖がある」と知られざる性格を告白。「きっと愛海ちゃんも(自分が)こうしておけば、こう思ってもらえるだろうと必死になっている」と思いを寄せながら演じていたことも打ち明けた。

 最後に「もしも今、就活面接でストロングポイントを尋ねられたら?」と質問が飛ぶと、加藤は「世間的知名度はあります!」とぶっちゃけ。小芝を「いいなあ。(自分はまだ)言えない」と羨ましがらせていた。(取材:錦怜那)

ドラマ「恋と就活のダンパ」は NHK BS プレミアムにて4月27日よる9時~10時29分放送(BS4Kでも別途放送予定)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]