二階堂ふみx亀梨和也「ストロベリーナイト・サーガ」今夜スタート 第1話の見どころは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
二階堂ふみが初の刑事役に挑む! - (c)フジテレビ

 二階堂ふみ亀梨和也がダブル主演を務める木曜劇場「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系毎週木曜夜10時~※初回は夜9時より2時間スペシャル)が今夜スタートする。過去に映像化もされた人気ベストセラー小説を、キャスト・スタッフを一新して再構築した本作。ここでは、今夜放送される第1話の見どころを紹介する。

【画像】二階堂ふみ、亀梨和也ら“姫川班”メンバー

 原作は、累計400万部を突破した作家・誉田哲也の警察小説「姫川玲子シリーズ」。ノンキャリアでありながら27歳で警部補に昇任した女性刑事・姫川玲子(二階堂)を筆頭に、彼女の部下となった巡査部長・菊田和男(亀梨)ら“姫川班”が難事件を紐解いていく。

[PR]

 菊田が姫川班へ異動となる第1話では、とある公園内のため池付近で変死体が発見される。死因は出血性ショック死、被害者は死後、みぞおちから股関節までを切開されていた。捜査会議が進む中、姫川は被害者が腹を割かれたのは池に沈めるためだと指摘し、その池には腹部を割かれた別の犠牲者がいると言い切る。ため池を再捜索すると、姫川の推測通り、新たな死体が発見される…。

江口洋介演じる“ガンテツ”こと勝俣健作 - (c)フジテレビ

 飛躍した思考と行動力を頼りに難事件に挑む姫川と、生真面目で寡黙な一方で、強い正義感を持つ菊田はもちろん、彼らと行動を共にする姫川班のメンバーも個性的だ。班内で最も若手の巡査・大塚真二(重岡大毅)、姫川班のムードメーカー・湯田康平(中林大樹)、豊富な人脈と情報網が武器の巡査部長・石倉保(宍戸開)というキャラクターたちが姫川をサポートする。

 また、姫川の天敵である警部補・勝俣健作(江口洋介)の存在も忘れてはならない。“ガンテツ”いう通り名を持ち、おきて破りの捜査方法が様々な疑惑を招くこともあるベテラン刑事が、姫川班とどのように関わるのか。

 新たなキャストで再始動する「ストロベリーナイト」。捜査一課の紅一点である姫川の活躍と共に、彼女を支える姫川班の団結力にも注目だ。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]