「中学聖日記」で話題の岡田健史、初主演!ドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
岡田健史

 昨年放送のドラマ「中学聖日記」で一躍注目を浴びた俳優の岡田健史がスペシャルドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」(FBS福岡放送)で初主演を果たすことが明らかになった。

二十歳目前!岡田健史のイケメンすぎる夕陽ショット【画像】

 岡田が初主演を務めるのは、FBS福岡放送の開局50周年を記念したスペシャルドラマ。WEBマンガ雑誌「マンガクロス」で連載中の4コマ漫画を原作に、東京の男子高生と博多弁女子が織りなす“上京ラブ・コメディー”が展開する。

[PR]

 岡田が演じるのは、東京で暮らしている男子高校生・東京(あずまみやこ)で、彼を博多弁と博多愛で翻弄する幼馴染・博多乃どん子(はかたのどんこ)役を「女子高生ミスコン2017‐2018」でグランプリに選ばれた福田愛依が担う。

 共に福岡出身の2人。岡田は「福岡の人間であり、福岡に対する愛がある私が、こんなにも早く、故郷・福岡の作品に携わることができるとあり本当に嬉しく思います。この作品で、福岡ならではの言葉の言い回し、方言、食べ物などを見てクスっと笑ったり、学生時代の甘酸っぱさを感じていただけたら幸いです」とコメント。

福田愛依

 福田も「ドラマの件を聞いたとき、嬉しさのあまり言葉が出ず……涙がこみ上げてきました! 私は本当に地元の福岡が大好きなので、博多弁女子のどん子ちゃんを演じるチャンスをいただけて、とてもワクワクしています!! 福岡には美味しい食べ物もたくさんあるので、見てくださる方に福岡の魅力をたっぷりお伝えするだけでなく、元気もお届けできるように、どん子ちゃんを精一杯演じさせていただきます!!」と意気込みを語っている。

 脚本を担当するのは、ドラマ「5→9 ~私に恋したお坊さん~」や映画『ニセコイ』などの小山正太。演出をドラマ「ドラゴン桜」、『今日も嫌がらせ弁当』(6月28日公開)などの塚本連平が手掛ける。

 ドラマは7月19日よる7時よりスタートで、FBS福岡放送で福岡・佐賀エリアにて放送される。全国放送も鋭意準備中とのこと。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]