とろサーモン村田、ノンスタ石田と鼻どつきあった過去あかす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『クソみたいな映画』…すごいタイトル!

 映画『クソみたいな映画』が20日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」で上映され、本作に出演した内田理央稲葉友とろサーモン村田秀亮、監督の芝聡が登壇した。

【写真】友近&ゆりやん、沖縄映画祭に登場!

 ノンスタイル石田明が数年かけて脚本を書いた本作は、前半と後半で色合いがガラッと変わるユーモラスなサスペンス映画。復讐を誓ったヒロインを演じた内田は、「許しというものは、難しいですよねえ」と一言。ため息交じりの内田に、男性陣がざわつき「なんかあったんか!」と村田がツッコむ一幕も。また、稲葉は自身のストレス解消法について「睡眠は世界を救えるというので、寝ます。それから、目の前でストレスを受けると後ろの方に意識を飛ばしますね」と独特の方法を明かした。
 
 本作はバラエティー番組を数多く手がけてきた芝監督の劇場映画デビュー作品でもある。芝監督が「初めての映画ということで、今日の舞台挨拶には親兄弟、家族総出で沖縄に来てくれました」と話すと、満員の会場からは温かな拍手が送られていた。

[PR]

だーりおさーーん!!

 脚本を担当した石田はすごく仲のいい後輩だというの村田は、「昔は石田とよく一緒に飲んだ時に『鼻ドゥーン!』って言って、じゃんけんで負けた方が鼻をどつかれるっていうゲームをしていたんですよ」とかつての危険な遊びを紹介。そして「お互い相方が炎上した芸人同士、今ではさらに仲良しなんです」と自虐ネタを放り込み、客席は笑いに包まれていた。(取材・文:森田真帆)

「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」は4月21日まで沖縄県内各所で開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]