前田敦子が走り、迷い、泣く…『旅のおわり世界のはじまり』新予告&場面写真

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左から前田敦子、柄本時生、加瀬亮、染谷将太 - (C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

 前田敦子が『散歩する侵略者』に続いて黒沢清監督と3度目のタッグを組む日本・ウズベキスタン合作映画『旅のおわり世界のはじまり』(6月14日公開)の新たな予告編が公開。前田演じるヒロインが異国の地で走り、迷い、涙を流す「自分探しの旅」の一端が見られる。併せて、魅惑的なウズベキスタンの風景を捉えた場面写真も一挙公開となった。

【動画】前田敦子の涙が美しい『旅のおわり世界のはじまり』予告編

 本作は、「舞台で歌う」という夢を胸に秘めたテレビ番組リポーターの主人公・葉子(前田)が、“幻の怪魚”を追って番組のクルーとウズベキスタンを訪れ、異国でのさまざまな出会いを経て成長していく物語。番組クルーの面々を、加瀬亮染谷将太柄本時生が演じる。

[PR]

 予告編では、名曲「愛の讃歌」にのせて、葉子が湖、遊園地など番組の取材に奔走しながらも、現実と理想のギャップに悩み、揺れる姿が収められている。とりわけ葉子が走る姿が印象的に切り取られており、涙を流す場面も。「まるで夢の中みたいな……」とつぶやく葉子が旅の果てに何を見つけるのか。迷えるヒロインの心の移ろいを、多彩な表情で演じてみせた前田の演技が胸に迫る。

 併せて公開された場面写真では、雄大なシルクロードの草原や美しい湖と山脈、雑多な街角、バザールといった異国情緒漂うウズベキスタンの風景が堪能できる。(編集部・石井百合子)

映画『旅のおわり世界のはじまり』は6月14日よりテアトル新宿、渋谷ユーロスペースほか全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]