名探偵ピカチュウ役は西島秀俊!吹替キャストがついに発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
初日舞台あいさつにサプライズ登壇した西島秀俊

 ハリウッドで実写映画化された『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつが3日に都内で行われ、これまでベールに包まれていた名探偵ピカチュウの日本語吹き替えキャストが西島秀俊であることが発表された。西島はピカチュウとタッグを組む主人公ティム役の竹内涼真、ヒロイン・ルーシー役の飯豊まりえら吹き替えキャストと共にサプライズ登壇し、観客の大歓声を浴びた。

【画像】ピカチュウにふんした西島秀俊

 見た目はかわいいのに中身はオッサンな自称“名探偵”のピカチュウの活躍を描く本作。名探偵ピカチュウを声だけでなく、モーション・キャプチャーやフェイシャル・キャプチャーで演じたのは、『デッドプール』シリーズで知られるライアン・レイノルズだ。

[PR]

 その吹き替え版を担当した西島は満面の笑みで登場すると「話をもらった時は本当にプレッシャーで。(アフレコを)必死で一生懸命やらせていただいたという感じです。今も緊張しています」と照れくさそうにコメント。

 飯豊は「わたしはピカチュウが誰か知らずに吹き替えしたんです。映画を観て初めて知ってびっくりしました。ドッキリみたいな感じでした」とにっこり。竹内も「アフレコでは一緒に声を入れることはできなかったんです。僕の後が西島さんみたいな感じで、みんな入れ合いっこで進めていく感じで、大変な作業でした」と感想を述べ、「でも、映画を観たらちゃんと(西島演じるピカチュウと自分が演じるティムが)バディになっていて感動しました」と喜んだ。

 西島もアフレコ作業は楽しかったといい、「今回キャラクターがみんなかわいくて、思わず見とれてしまって。それが人間と一緒に暮らしているのもまたチャーミングで、皆さんよりも先に観ることができたので、興奮してしまいました」とすっかり童心に返っていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『名探偵ピカチュウ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]