『スター・ウォーズ』チューバッカ役ピーター・メイヒューさん死去 ハリソン・フォードが追悼

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
先月30日に亡くなったチューバッカ役ピーター・メイヒューさんと、ハン・ソロ役のハリソン・フォードさん - Anthony Harvey / Getty Images

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのチューバッカ役で知られる英国出身の俳優ピーター・メイヒューさんが、4月30日に亡くなった。74歳だった。現地時間2日にピーターさんの公式Twitterが発表したもので、北テキサスの自宅で、家族に看取られながら息を引き取ったという。

【画像】ピーター・メイヒューさんが演じたチューバッカ

 ピーターさんは1944年5月14日生まれ。ロンドンの病院職員だったが、新聞記事に載った、身長約2.2mのピーターさんを見たプロデューサーに誘われ、『シンドバッド虎の目大冒険 』(1977)に出演した。その後、『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』でウーキー族の戦士にしてハン・ソロの相棒チューバッカ役に出会い、ファンから永遠に愛される存在に。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)までチューイを演じた。

[PR]

 チューバッカ役は『フォースの覚醒』にも参加したヨーナス・スオタモさんに引き継いだが、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』などにコンサルタントとして参加し、キャラクターづくりを手助けした。シリーズ関連のコンベンションやコミコンなどでもファンから親しまれたピーターさん。4月に行われた「スター・ウォーズ セレブレーション・シカゴ2019」にも参加していた。2005年にアメリカの市民権を取得。2015年に肺炎で入院し、昨年7月には脊髄(せきずい)手術を受けたことを発表していた。

 家族は声明でピーターさんの功績をたたえ「『スター・ウォーズ』ファミリーは、彼にとって役柄以上に価値のあるものでした」と発表。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルさんはTwitterで「彼は誰よりも心優しき巨人でした。大きな体と、それ以上にビッグなハートを持った人物であり、常に僕を笑顔にしてくれる、かけがえのない誠実な友人だった。共に過ごした思い出に感謝しているよ。彼を知っているというだけで、僕はより良い人間になれたと感じるんだ。ありがとうピーター」と故人をしのんだ。

『スター・ウォーズ』のチューバッカとハン・ソロ Lucasfilm Ltd. / Twentieth Century Fox Film Corp. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 また、ハン・ソロ役のハリソン・フォードさんも The Hollywood Reporter に声明を発表している。「ピーター・メイヒューは親切で心優しい男であり、品位をそなえた高潔な人物でした。そうした彼の性格や、ウィットと気品がチューバッカにもたらされたのです。僕らは30年以上にわたって、映画における相棒であり、生涯の友人であり、彼を愛していました。彼はキャラクターにその魂を注ぎ込み、『スター・ウォーズ』の観客に大いなる喜びをもたらした。チューバッカは、僕らが共に成し遂げた映画の成功において、重要な役割を果たしたのです。そして彼は、ファンの存在がフランチャイズの継続的な成功にどれだけ重要なのかを理解し、全てをささげました。僕と何百万人もの人々は、彼がくれたものを決して忘れることはないでしょう。僕の思いは、親愛なる彼の妻アンジーと子供たちと共に。友よ、ゆっくり休んでください」

 同シリーズでは、レイア姫を演じた女優キャリー・フィッシャーさんが2016年に死去。当時ピーターさんは「この喪失を表す言葉がみつからない。キャリーはどんな場所にあっても、最も光り輝く存在だった。本当に寂しいよ」と追悼のメッセージを寄せていた。シリーズはサーガの最終章となる『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』が12月20日に公開される。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]