『IT/イット THE END』予告編公開!恐怖のピエロ・ペニーワイズは健在

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』US版ポスタービジュアル - (C) 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 作家スティーヴン・キングのホラー小説を実写化した大ヒットホラー映画の完結編『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のアメリカ版予告編が公開された。前作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)に登場した恐怖のピエロ・ペニーワイズの恐怖が蘇る。

【動画】『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』予告編

 前作『IT/イット』では、次々に子供が姿を消すアメリカの田舎町デリーを舞台に、はみだし者の子供たち=ルーザーズ・クラブが、事件の裏に潜む怪異に迫る姿が描かれた。新作は事件から27年後が舞台となり、再び連続児童失踪事件が発生したデリーに舞い戻った、大人になったルーザーズ・クラブが、人の恐怖につけこむピエロ・ペニーワイズの恐怖と対峙(たいじ)する。

[PR]

 予告編は、成長した前作のヒロイン・ベバリー(ジェシカ・チャステイン)がデリーに舞い戻り、かつて自分が住んでいた家を訪問するシーンで幕を開ける。現在その家に住む老婆から優しくもてなされるベバリーだが、彼女の様子はどこかおかしい。そこから、ペニーワイズによるトラウマを刺激する恐怖が連続。27年ぶりに再集結したルーザーズ・クラブの面々に、息つく間もなく襲い掛かる姿が映し出される。

 文字通り何でもありのペニーワイズを、どうやって退けるのか。原作者のスティーヴン・キングは、予告編の公開前に「完結編は楽しみかい? “それ”を観たが、前作より遥かに素晴らしい。間もなく予告編が公開される。また震えるだろう」とその完成度を絶賛していたが、今回の完結は原作ファンをも納得させるものとなっているのだろうか。

 ルーザーズ・クラブには、ベバリー役をジェシカ・チャステイン、リーダー格であるビル役をジェームズ・マカヴォイが務めるほか、チーム唯一のアフリカ系少年マイク役でイザイア・ムスタファ、ぽっちゃり少年ベン役でジェイ・ライアン、病弱なエディ役でジェームズ・ランソン、メガネのおしゃべり少年リッチー役でビル・ヘイダー、クルクルヘアのスタンリー役でアンディ・ビーンらが出演。ペニーワイズは前作に引き続きビル・スカルスガルドが演じ、『マイ・マザー』『Mommy/マミー』などの映画監督グザヴィエ・ドランも俳優として参加。監督は前作のアンディ・ムスキエティが続投する。(編集部・入倉功一)

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は11月1日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]