EXOのD.O.主演×『サニー』監督の最新作!『スウィング・キッズ』来年日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
日本公開が決定! - (C) 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.

 韓国の人気グループEXOのメンバー、D.O.が主演を務め、『サニー 永遠の仲間たち』で知られるカン・ヒョンチョル監督がメガホンを取った映画『スウィング・キッズ』が、2020年1月に日本公開されることが明らかになった。

D.O.の華麗なタップダンス!『スウィング・キッズ』特報映像

 ドラマ「大丈夫、愛だ」や韓国で大ヒットした映画『神と共に』シリーズなど、俳優としても目覚ましい活躍を見せるD.O.。本作では、朝鮮戦争中の巨済島捕虜収容所きってのトラブルメイカーで、ダンスに情熱を注ぐ朝鮮人民軍のロ・ギスを演じ、約5か月間に及ぶ猛特訓で習得したタップダンスや北朝鮮の方言を披露している。

[PR]

 韓国では、公開わずか9日で動員100万人超えを記録した。その要因となったのは、ザ・ビートルズの「フリー・アズ・ア・バード」や、デヴィッド・ボウイの「モダン・ラブ」といった名曲の数々や、力強いタップダンスシーン。あわせて公開された特報映像でも、D.O.ふんするギスが軽快にタップダンスを踊る姿が収められており、爆発的なパフォーマンスシーンへの期待が高まる。

 また、本作にはブロードウェー・ミュージカルの最優秀ダンサーに贈られるアステア賞に輝いたトップタップダンサーのジャレッド・グライムスが参加。戦争捕虜で構成されたダンスチームのリーダーとなる米軍下士官ジャクソンを演じている。

 『サニー 永遠の仲間たち』といえば、昨年には大根仁監督による日本版『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が公開されたことも記憶に新しい大ヒット作。そのカン監督が、本作では脚本も手掛け、収容所の対外的イメージアップのために結成されたタップダンスチームというユニークな題材を通して、人種や思想・イデオロギーを超えてダンスでつながっていく人々を感動的に描き出す。(編集部・吉田唯)

映画『スウィング・キッズ』は2020年1月にシネマート新宿ほか全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]