ADVERTISEMENT

『美女と野獣』金ローで放送!豪華な吹き替え声優をふり返り

『美女と野獣』が金ローで初放送!
『美女と野獣』が金ローで初放送! - (C) Disney Enterprises, Inc.

 映画『美女と野獣』(2017)が、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で今夜(7日・21時~)、地上波初放送される。それに際し、劇場公開当時に大きな話題を呼んだ日本語吹き替え版のキャストを振り返りたい。

【動画】実写版『美女と野獣』主題歌MV

 ディズニーが製作した傑作アニメ『美女と野獣』を実写化したファンタジーロマンス。美しい心を持った女性ベルと呪いで野獣に変えられてしまった王子の恋の行方を見つめる。ベルを演じたのは、『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で知られ、日本でも人気の高い女優エマ・ワトソン

ADVERTISEMENT

 歌唱シーンも多く音楽が大きな見どころとなる本作の日本語吹き替え版には、ミュージカル界で活躍する実力派たちが勢ぞろい。個性豊かなキャラクターたちのいきいきとした声音と歌声は、観る者を魅了するすばらしさだ。

『美女と野獣』
ベルと野獣 - (C) Disney Enterprises, Inc.

 ヒロインのベルに声をあてたのは、「ハムレット」のヒロインであるオフィーリア、「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ、「ミス・サイゴン」のキムなど、多くの女優が憧れる大役を次々と射止めてきた昆夏美。優しさと芯の強さをあわせ持つベルをチャーミングに演じた昆の歌声は、スッと心に響く。

 その相手となる野獣役を担ったのは、ミュージカル界のプリンスと呼ばれる一方、ドラマ「下町ロケット」など映像作品でも活躍する山崎育三郎。喜怒哀楽の激しい野獣は声を荒げるシーンも多く、収録はハードなものだったという。物語とともに揺れ動く野獣の心を山崎が深みのある声で表現していくさまは見逃せない。

ADVERTISEMENT
『美女と野獣』
ガストンとル・フウ - (C) Disney Enterprises, Inc.

 ベルに恋するうぬぼれ屋のガストンを演じたのは、劇団四季「美女と野獣」でガストン役として活躍し、「レ・ミゼラブル」で日本公演史上最年少の32歳(当時)でジャン・バルジャン役を務めた吉原光夫。ガストンの子分でお調子者のル・フウには、芸人、歌手、俳優としてマルチな才能を発揮する藤井隆が声をあてた。

 また、ベルの父で芸術家のモーリス役は、舞台をはじめ、NHK大河ドラマや時代劇、刑事ドラマなどで人気を博し、声優としても活躍する名優・村井國夫。野獣の家来である燭台のルミエールは「グランドホテル」「100万回生きたねこ」「ショーシャンクの空に」「エリザベート」などなど多数の舞台に出演している成河が演じた。

『美女と野獣』
エマ演じるベルが可愛い! - (C) Disney Enterprises, Inc.

 ほか、野獣の暮らす城を彩るキャラクターでは、ティーポットのポット夫人役を岩崎宏美、その息子でティーカップ姿のチップ役を池田優斗、置時計のコグスワース役を小倉久寛、衣装ダンスのマダム・ド・ガルドローブ役を濱田めぐみ、羽ぼうきのプリュメット役を島田歌穂が担った。(編集部・小山美咲)

ADVERTISEMENT

映画『美女と野獣』あらすじ

進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。

アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドが歌う実写版『美女と野獣』主題歌MV » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT