「ミストレス」篠田麻里子、女同士のラブシーンが衝撃!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
篠田麻里子(写真は2017年撮影)

 元AKB48で女優の篠田麻里子が、24日に放送されたNHKドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」(総合・毎週金曜よる10時)第6話で、女優の大政絢と女性同士のラブシーンを披露した。

【写真】相手役の大政絢

 イギリスのドラマ「MISTRESS<ミストレス>」をリメイクした本作は、それぞれの秘密や悩みを抱える4人の女性たちを描いたドラマ。亡くなった愛人の息子に恋してしまう医師・香織を長谷川京子、7年前に事故で亡くなった夫の愛人を名乗る女が突然現れ、困惑する主婦・友美を水野美紀、夫婦で不妊治療を始めようというさなかに夫以外の男性と関係を持ってしまうビジネスウーマン・冴子を玄理、筋肉をこよなく愛する恋多きジムトレーナー・樹里を大政が演じる。

[PR]

 篠田がふんするのは、樹里(大政)が勤めるジムに結婚目前の同性パートナーと共に入会するレズビアンの女性・玲。これまで男性を取っかえ引っかえしてきた樹里だが、玲と出会い、彼女に惹かれている自分に気づく……。第6話では、結婚前夜、樹里の家を訪れた玲が「こんなふうにあなたと二人っきりになりたかった」と言うと、樹里も「あなたが好き」と気持ちを伝え、二人はキスを交わし、ベッドで愛し合うも、結婚を理由に玲が樹里に別れを告げるシーンが描かれた。

 二人のラブシーンにネット上では「篠田麻里子と大政絢美しすぎ……」「NHKすごい」「ドキドキした」「樹里さんが切ない…」など反響を呼んでいる。(編集部・中山雄一朗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]