ボーイ・ジョージの伝記映画が始動!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ボーイ・ジョージ
ボーイ・ジョージ - Paras Griffin / Getty Images

 カルチャー・クラブのヴォーカリストとしてデビューし、1980年代に数々の名曲を世に送り出したボーイ・ジョージを描いた伝記映画で、サーシャ・ガヴァシ監督がメガホンを取ることが決定したとDeadlineなどが報じた。

【作品写真】本人も出演!ボーイ・ジョージの半生を描いたミュージカル『TABOO』

 MGMが手掛けるタイトル未定の本作は、映画『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』『ヒッチコック』のサーシャ・ガヴァシが脚本兼監督を務める。そのストーリーは、アイルランドの労働者階級の家庭に育ったボーイ・ジョージが、カルチャー・クラブを通して世界的人気を博す過程を描いたものになるそうだ。

[PR]

 近年、ミュージシャンを扱った伝記映画では、フレディ・マーキュリーを描いた『ボヘミアン・ラプソディ』が全世界興行収入9億ドル(約990億円)を稼ぎ出し、今週末には歌手エルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』が北米で公開されるなど、今作を含めて80年代に注目を浴びたアーティストが次々と映画化される傾向にある。(1ドル110円計算)

 ちなみに現在MGMは、女優ジェニファー・ハドソン主演で歌手アレサ・フランクリンを描いた映画『リスペクト(原題) / Respect』を手掛けている。今のところ、ボーイ・ジョージ役の俳優は決まっていないが、誰がキャスティングされるか楽しみだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]