山崎賢人『キングダム』ひっさげシンガポールに!世界旋風に意気込み

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
山崎賢人 - (C) 原泰久/集英社 (C) 2019映画「キングダム」製作委員会

 山崎賢人が現地時間27日、シンガポールにあるマリーナベイ・サンズ内のサンズシアターで行われた映画『キングダム』全世界公開記念プレミアムイベントに登壇した。

山崎賢人『キングダム』を世界にアピール!【写真】

 原泰久のベストセラーコミックを実写映画化した『キングダム』。5月30日までの公開から42日間で、観客動員370万人、興行収入50億円を超える大ヒットを記録している。すでに決定していたアメリカをはじめ、カナダ、ドイツ、韓国、台湾などで順次公開されることも決まり、最も早い6月20日に公開となるシンガポールで全世界での公開記念としてプレミアムイベントが敢行された。この日は、シンガポールをはじめ、中国や隣国のマレーシアから60を超えるメディアが取材に詰めかけた。

[PR]

 イベントでは、特別招待された観客の熱狂に迎えられた山崎が「今日はお越しいただき、本当にありがとうございます」とあいさつ。続けてシンガポールの印象について「緑が豊かで町がとてもきれい。夜景にも感動しました」と感想を口にした。さらに司会者より本作に関する質問が続き、山崎自ら「憧れの存在」と語る主人公・信について質問されると「信は天下の大将軍を目指してまっすぐ突き進みます。その姿勢にとても共感しますし、僕も自分の信じた道をまっすぐに進んでいきたいです」と目標を語る。

 さらに“山崎の代表作”との声が上がっていることについて聞かれると、「『キングダム』という大作で主人公の信を演じると聞いて、とにかく全力で、すべてのシーンで自分の出せるものは全部だそうと思って撮影に参加させていただきました。プロフェッショナルが集まる現場で、自分自身の代表作になればいいなと思っていたので、(作品への好評は)とても嬉しく思っています」としみじみ。

[PR]

 最後に山崎は「今回、初めてシンガポールに来ることができ、本当に嬉しく思います。(シンガポールの名物料理)チリクラブもとても美味しかったです。僕の愛する『キングダム』がシンガポールをはじめ全世界でも公開されることを本当に嬉しく思います。『キングダム』の魅力でもある“熱さ”をぜひ感じてください」とコメント。終始大盛り上がりだった。

 同日夜には、シンガポールの歴史的建造物でもあるキャセイ劇場でインターナショナルプレミアとなる上映会が実施された。今回『キングダム』の海外展開のスタート地点として日本以外の国では初の上映となった。シンガポールのみならずマレーシア、中国、香港などからのファンが集結。山崎が舞台に登場すると、歓声は最高潮に。赤と金を基調とした劇場の内観に「『キングダム』の世界観があふれている劇場ですごいですね。まさに『キングダム』のために作られたみたいですね」と会場の笑いを誘った。

 アクションシーンの撮影について山崎は「信は熱い男なので、感情が先行しすぎてカメラのフレームから外れてしまうというようなことがないように冷静さとのバランスをとるように気を付けました」と回答。さらに撮影期間中は山崎賢人ではなく、ずっと“信”そのものでいられたと思います」と力強い言葉で振り返った。

[PR]

 上映中は、アクションシーンに驚きの声が上がったほか、エンディングで主題歌「Wasted Nights」の大合唱が始まるなど、さながら応援上映のような盛り上がりに。観終わった観客も「感動した」「泣いた」「アクションシーンが素晴らしかった」「続編も期待したい」と大満足の声が上がっていた。

 イベントと上映会に加え、2日間の滞在中にシンガポールやマレーシアのテレビ・雑誌などの取材を多数受けた山崎。今後の『キングダム』の世界展開に向けて第一歩を踏み出した。(編集部・大内啓輔) 

映画『キングダム』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]