山寺宏一「フレンド・ライク・ミー」熱唱でファン魅了!『アラジン』公開前日イベント

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
山ちゃん!

 7日公開のディズニー映画『アラジン』のスペシャル・ナイトイベントが6日にTOHOシネマズ日比谷にて開催され、日本語版吹き替えキャストの山寺宏一(ジーニー役)、中村倫也(アラジン役)、木下晴香(ジャスミン役)、北村一輝(ジャファー役)が参加して夢のパフォーマンスを行った。

【写真】中村倫也&木下晴香も熱唱!(イベントの様子)

 本作は「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議な魔法のランプを手に入れた青年アラジンと王女ジャスミンのラブロマンス、そしてランプをめぐる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー監督が実写映画化した作品。

[PR]

 上映後に行われたパフォーマンスは幕を持ったダンサーたちが現れるところから始まり、幕の合間から山寺が登場。名曲「フレンド・ライク・ミー」をジーニー色の青のスーツを着て熱唱し、観客は大興奮。その後、中村、木下、北村も参加し、観客はペンライトを振りながら大歓声で迎えた。中村と木下はアラジンとジャスミンになりきって「ホール・ニュー・ワールド」を歌い、客席をうっとりと魅了した。

 アニメ版に続いてジーニーの声を担当した山寺は「蒼井優ちゃんと電撃結婚した方じゃない“山ちゃん”でーす」とあいさつし、客席は大爆笑。ジーニーについては「世界中で愛されているキャラクターで、最高のエンターテイナー。僕にとって大切な役なんです」と愛を込めて語り、今回のジーニー役ができなければ声優を辞める! とまで宣言していたことを明かした。

せいぞろい!

 アラジンの声を担った中村は「アラジン役のオファーがきて、一番の楽しみは山寺さんと声のかけ合いができることでした」と声優・山寺へ熱視線を送る。木下はジャスミンについて「現代に響くメッセージ性の強い女性」と説明し、「自分の足で前に向かって進んでいく姿や国民を思う優しさを意識しました」と役作りを振り返っていた。

 イベントの最後に中村は「冒険とラブロマンス、魔法、悪との戦いなど盛りだくさん。ぜひ劇場で楽しんでください」とメッセージを送っていた。(取材・文:福住佐知子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]