本郷奏多、キレキレな殺し屋役を絶賛され破顔「ときめきました」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
絶賛の言葉に照れ笑いを浮かべていた本郷奏多

 俳優の本郷奏多が6日、都内で行われた映画『Diner ダイナー』のジャパンプレミアに出席。キレキレの殺し屋・キッドを演じた本郷は、斎藤工奥田瑛二から“ぶっ飛んでいた”と称賛されると「胸がときめいちゃいました」と発言し会場を笑わせた。

キャスト豪華すぎ!藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多らずらり【写真】

 平山夢明の小説を蜷川実花監督で実写化した本作。殺し屋専用の食堂「ダイナー」を舞台に、天才シェフ・ボンベロ(藤原竜也)と、血なまぐさい殺し屋たちとのやり取りを描く。本郷は、一見子供のように可愛らしい姿をしているものの、無邪気に笑いながら死体を切り裂くサイコパス・キッドを演じる。

[PR]

 この日は、主演の藤原をはじめ、玉城ティナ窪田正孝武田真治金子ノブアキ土屋アンナ真矢ミキら豪華キャストたちが登壇。劇中、強烈な殺し屋が多数登場するなかで、「誰が一番ぶっ飛んでいたか」というトークになると、それぞれ思い思いに名前を挙げる。

 票を集めたのは美しき男装の麗人・無礼図を演じた真矢。その圧倒的な格好良さに多くの人が賛辞を送っていたが、その真矢は本郷を指名。上映前のイベントだったため、ネタバレを避けつつ、「すごいことになっていますから」とコメントした。真矢の意見に奥田も反応すると「本郷くんの役はもう、言葉にできないぐらいとんでもない。すごい」と追随。本郷は「奥田さんに指名していただき、ときめきました」と笑顔を見せた。

 さらに斎藤も「やっぱり本郷さんですね。すご過ぎます」と話に乗ってくると、本郷は破顔し「強烈なキャラクターでしたからね。でも斎藤さんにも言われると、またときめいちゃいます」と照れ笑いを浮かべていた。

 大人なのに見た目が子供のキャラクターを演じ、首から下の撮影のために子役と接することが多かったという本郷。待ち時間にその子役と藤原がゲームをしていたのを見ていたという本郷は、「藤原さんが楽しそうに子供とゲームをやっていたので、ほほえましく見ていたら、藤原さんが勝ったとき『よっしゃー!』と叫んでいたんです。そんな姿も素敵でした」と裏話を暴露し、藤原をタジタジにさせていた。(磯部正和)

映画『Diner ダイナー』は7月5日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]