サラ・コナー復帰『ターミネーター:ニュー・フェイト』11.8日本公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ただ立っているだけでものすごい説得力のサラ・コナー

 傑作SFアクション『ターミネーター2』(1991)の正当な続編『ターミネーター:ニュー・フェイト』の日本公開日が11月8日に決定した。発表に合わせて、28年ぶりにシリーズに復帰する、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンの勇姿を捉えたポスタービジュアルとティザー予告編が公開された。

【動画】『ターミネーター:ニュー・フェイト』ティザー予告編

 サラ・コナーは未来の軍事システム「スカイネット」が命を狙う、人類反乱軍のリーダー、ジョン・コナーの母親。1作目ではスカイネットが送り込んだ殺人機械ターミネーターの追跡から必至に逃げる女性だったが、続編の『ターミネーター2』では屈強な戦士へと成長し、息子を守るためスカイネットに立ち向かった。

[PR]

 『ニュー・フェイト』では、リンダに加え、アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800役)、シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロン(製作&ストーリー)もカムバック。『デッドプール』のティム・ミラーが監督を務め、機械との新たな戦いが描かれる。旧キャストのほかに、新型ターミネーターREV-9 役のガブリエル・ルナ、彼に追われる女性ダニー・ラモス役のナタリア・レイエス、ダニーを守る機械の体を持った女性グレース役のマッケンジー・デイヴィスら若手俳優が脇を固める。

 ティザー予告では、驚異の分裂機能をもったREV-9に追い詰められたダニーとグレースのもとに駆け付け、銃を撃ちまくるサラの勇姿が印象的。ダニーをかつての自分のようだと語るサラが二人を連れて行った先には、年老いたT-800が。大勢の人類が犠牲となる「審判の日」を回避したはずだったパート2の後に、一体何があったのか。長年ファンが待ち焦がれていたサラ・コナーのアクションと共に、謎に包まれた物語が気になる映像に仕上がっている。(編集部・入倉功一)

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』は11月8日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]